Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 20.9Mb
PDF (A4) - 21.0Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.1.4 MySQL Cluster の開発履歴

次の 2 つのセクションでは、MySQL Cluster NDB 7.3 および MySQL Cluster NDB 7.4 での MySQL Cluster 実装の変更点について、MySQL Cluster NDB 7.2 以前のリリースと比較して説明します。もっとも注目に値する変更点と機能を次の 2 つの表に示します。

MySQL Cluster NDB 7.3
MySQL Cluster NDB 7.3 は MySQL 5.6 をベースにしています。MySQL Server 5.6 の新機能の詳細は、セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」を参照してください。
MySQL Cluster NDB 7.3 は、テーブルの外部キー制約をサポートします。詳細は、セクション1.7.3.2「FOREIGN KEY の制約」およびセクション13.1.17.2「外部キー制約の使用」を参照してください。
MySQL Cluster NDB 7.3 は、JavaScript 用 MySQL NoSQL Connector を使用して Node.js のサポートを提供します。詳細は、MySQL NoSQL Connector for JavaScriptを参照してください。
MySQL Cluster NDB 7.4
MySQL Cluster NDB 7.4 は MySQL 5.6 をベースにしています (MySQL Server 5.6 の新機能の詳細は、セクション1.4「MySQL 5.6 の新機能」を参照してください)。
競合例外テーブルに対する拡張機能を含む、MySQL Cluster レプリケーションの競合検出および解決の拡張 (セクション18.6.11「MySQL Cluster レプリケーションの競合解決」を参照してください)
循環 (アクティブ-アクティブ) レプリケーションの管理の改善 (ndb_slave_conflict_role によるプライマリ/セカンダリの割り当て)
memory_per_fragment テーブルでのフラグメント単位のメモリー使用状況レポート
次の拡張機能を含む多数のパフォーマンス改善
  • 初期メモリー割り当ての高速化

  • ローカルチェックポイントの並列化の強化 (LCP でサポートされるフラグメント数が 2 から 32 に増加)

    このバージョンで導入された一連の構成パラメータ (MaxDiskWriteSpeedMaxDiskWriteSpeedOtherNoderestartMaxDiskWriteSpeedOwnRestart) によって、LCP 中のディスク書き込みの制御が改善されました

    このバージョンの ndbinfo データベースに追加された disk_write_speed_basedisk_write_speed_aggregate、および disk_write_speed_aggregate_node テーブルで、最近のディスク書き込みに関する情報を入手できます

  • バックアップから MySQL Cluster をリストアする時間の短縮

  • NDB 受信スレッドの最適化

ノード再起動中のエラーおよびその他のレポートの改善

これらのセクションには、MySQL Cluster NDB 7.3 リリースの 5.6.22-ndb-7.3.9 (現在一般提供リリースとして入手可能) まで、および MySQL Cluster NDB 7.4 リリースの 5.6.22-ndb-7.4.4 (現在開発者マイルストーンリリースとして入手可能) までに関する情報が含まれています。MySQL Cluster NDB 7.2 および MySQL Cluster NDB 7.1 は、以前の GA リリースシリーズであり、現在もサポートされていますが、新規の配備には MySQL Cluster NDB 7.3 を使用することをお勧めします。MySQL Cluster NDB 7.2 および以前の MySQL Cluster リリースについては、『MySQL 5.5 リファレンスマニュアル』のMySQL NDB Cluster 7.2を参照してください。