Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.5.6.2 MySQL Cluster ログイベント

イベントログでレポートされるイベントレポートの形式は、次のとおりです。

datetime [string] severity -- message

例:

09:19:30 2005-07-24 [NDB] INFO -- Node 4 Start phase 4 completed

このセクションでは、レポート可能なすべてのイベントについて、カテゴリおよび各カテゴリ内の重大度レベルの順に説明します。

イベントの説明では、GCP と LCP はそれぞれグローバルチェックポイントおよびローカルチェックポイントを表します。

CONNECTION イベント

これらのイベントは、クラスタノード間の接続に関連するものです。

イベント 優先度 重大度レベル 説明
Connected 8 INFO データノードが接続されました
Disconnected 8 ALERT データノードが切断されました
CommunicationClosed 8 INFO SQL ノードまたはデータノードの接続が閉じられました
CommunicationOpened 8 INFO SQL ノードまたはデータノードの接続が開かれました
ConnectedApiVersion 8 INFO API バージョンを使用した接続
CHECKPOINT イベント

次に示すロギングメッセージは、チェックポイントに関連するものです。

イベント 優先度 重大度レベル 説明
GlobalCheckpointStarted 9 INFO GCP の開始: Redo ログがディスクに書き込まれます
GlobalCheckpointCompleted 10 INFO GCP が終了しました
LocalCheckpointStarted 7 INFO LCP の開始: データがディスクに書き込まれます
LocalCheckpointCompleted 7 INFO LCP が正常に完了しました
LCPStoppedInCalcKeepGci 0 ALERT LCP が停止しました
LCPFragmentCompleted 11 INFO フラグメント上の LCP が完了しました
UndoLogBlocked 7 INFO Undo ロギングがブロックされました。バッファーのオーバーフローに近付いています
RedoStatus 7 INFO Redo ステータス
STARTUP イベント

ノードまたはクラスタの起動や、その成功または失敗に対応して、次のイベントが生成されます。それらは、起動プロセスの進行状況に関する情報 (ロギングアクティビティーに関する情報を含む) も提供します。

イベント 優先度 重大度レベル 説明
NDBStartStarted 1 INFO データノードの起動フェーズが開始されました (すべてのノードが起動します)
NDBStartCompleted 1 INFO 起動フェーズが完了しました、すべてのデータノード
STTORRYRecieved 15 INFO 再起動の完了後にブロックを受信しました
StartPhaseCompleted 4 INFO データノードの起動フェーズ X が完了しました
CM_REGCONF 3 INFO ノードが正常にクラスタに追加されました。ノード、管理ノード、および動的 ID が表示されます
CM_REGREF 8 INFO ノードはクラスタへの追加を拒否されました。構成が間違っている、通信を確立できないなどの問題が原因で、クラスタに追加できません
FIND_NEIGHBOURS 8 INFO 隣接したデータノードを表示します
NDBStopStarted 1 INFO データノードのシャットダウンが開始されました
NDBStopCompleted 1 INFO データノードのシャットダウンが完了しました
NDBStopForced 1 ALERT データノードが強制的にシャットダウンされました
NDBStopAborted 1 INFO データノードを正常にシャットダウンできませんでした
StartREDOLog 4 INFO 新しい Redo ログが開始されました。GCI は X を保持し、最新のリストア可能な GCI は Y です
StartLog 10 INFO 新しいログが開始されました。ログ部分は X、開始 MB は Y、終了 MB は Z です
UNDORecordsExecuted 15 INFO Undo レコードが実行されました
StartReport 4 INFO レポートが開始されました
LogFileInitStatus 7 INFO ログファイルの初期化ステータス
LogFileInitCompStatus 7 INFO ログファイルの完了ステータス
StartReadLCP 10 INFO ローカルチェックポイントの読み取りを開始します
ReadLCPComplete 10 INFO ローカルチェックポイントの読み取りが完了しました
RunRedo 8 INFO Redo ログが実行されています
RebuildIndex 10 INFO インデックスを再構築しています
NODERESTART イベント

次のイベントは、ノードを再起動するときに生成され、ノードの再起動プロセスの成功または失敗に関連するものです。

イベント 優先度 重大度レベル 説明
NR_CopyDict 7 INFO ディレクトリ情報のコピーが完了しました
NR_CopyDistr 7 INFO ディストリビューション情報のコピーが完了しました
NR_CopyFragsStarted 7 INFO フラグメントのコピーを開始しています
NR_CopyFragDone 10 INFO フラグメントのコピーが完了しました
NR_CopyFragsCompleted 7 INFO すべてのフラグメントのコピーが完了しました
NodeFailCompleted 8 ALERT ノードの失敗フェーズが完了しました
NODE_FAILREP 8 ALERT ノードが失敗したことをレポートします
ArbitState 6 INFO アービトレータが見つかったかどうかをレポートします。アービトレータの検索時の可能性のある結果は、次に示す 7 つです。
  • 管理サーバーがアービトレーションスレッドを再起動します [状態 =X]

  • アービトレータノード X を準備します [チケット =Y]

  • アービトレータノード X を受信します [チケット =Y]

  • アービトレータノード X を起動しました [チケット =Y]

  • アービトレータノード X が失われました - プロセスの失敗 [状態 =Y]

  • アービトレータノード X が失われました - プロセスの終了 [状態 =Y]

  • アービトレータノード X が失われました <エラーメッセージ> [状態 =Y]

ArbitResult 2 ALERT アービトレータの結果をレポートします。アービトレータの試行の可能性のある結果は、次に示した 8 つです。
  • アービトレーションチェックに失敗しました: 1/2 未満のノードが残っています

  • アービトレーションチェックに成功しました: ノードグループの大部分

  • アービトレーションチェックに失敗しました: ノードグループが見つかりません

  • ネットワークのパーティション化: アービトレーションが必要です

  • アービトレーションに成功しました: ノード X からの肯定的応答

  • アービトレーションに失敗しました: ノード X からの否定的応答

  • ネットワークのパーティション化: 使用可能なアービトレータがありません

  • ネットワークのパーティション化: アービトレータが構成されていません

GCP_TakeoverStarted 7 INFO GCP テイクオーバーが開始されました
GCP_TakeoverCompleted 7 INFO GCP テイクオーバーが完了しました
LCP_TakeoverStarted 7 INFO LCP テイクオーバーが開始されました
LCP_TakeoverCompleted 7 INFO LCP テイクオーバーが完了しました (状態 = X)
ConnectCheckStarted 6 INFO 接続チェックが開始されました
ConnectCheckCompleted 6 INFO 接続チェックが完了しました
NodeFailRejected 6 ALERT ノードの失敗フェーズに失敗しました
STATISTICS イベント

次のイベントは、統計的な特性を持っています。それらは、トランザクションやその他の操作の回数、各ノードによって送受信されたデータの量、メモリーの使用状況などの情報を提供します。

イベント 優先度 重大度レベル 説明
TransReportCounters 8 INFO トランザクション、コミット、読み取り、単純な読み取り、書き込み、同時操作、属性情報、中止の数などのトランザクション統計をレポートします
OperationReportCounters 8 INFO 操作数
TableCreated 7 INFO 作成されたテーブルの数をレポートします
JobStatistic 9 INFO 内部ジョブスケジューリングの平均の統計
ThreadConfigLoop 9 INFO スレッド構成ループの数
SendBytesStatistic 9 INFO ノード X に送信された平均バイト数
ReceiveBytesStatistic 9 INFO ノード X から受信された平均バイト数
MemoryUsage 5 INFO データおよびインデックスメモリー使用状況 (80%、90%、および 100%)
MTSignalStatistics 9 INFO マルチスレッドシグナル
SCHEMA イベント

これらのイベントは、MySQL Cluster スキーマ操作に関連するものです。

イベント 優先度 重大度 説明
CreateSchemaObject 8 INFO スキーマオブジェクトが作成されました
AlterSchemaObject 8 INFO スキーマオブジェクトが更新されました
DropSchemaObject 8 INFO スキーマオブジェクトが削除されました
ERROR イベント

これらのイベントは、クラスタのエラーおよび警告に関連するものです。一般に、これらが 1 つ以上存在することは、重大な誤動作や障害が発生したことを示しています。

イベント 優先度 重大度 説明
TransporterError 2 ERROR トランスポータエラー
TransporterWarning 8 WARNING トランスポータ警告
MissedHeartbeat 8 WARNING ノード X でハートビート番号 Y が失われました
DeadDueToHeartbeat 8 ALERT ハートビートが失われたため、ノード X停止を宣言しました
WarningEvent 2 WARNING 一般警告イベント
SubscriptionStatus 4 WARNING サブスクリプションのステータスの変更
INFO イベント

これらのイベントは、クラスタの状態およびロギングやハートビート伝送などのクラスタのメンテナンスに関連するアクティビティーに関する一般情報を提供します。

イベント 優先度 重大度 説明
SentHeartbeat 12 INFO ハートビートを送信しました
CreateLogBytes 11 INFO ログの作成: ログ部分、ログファイル、MB 単位のサイズ
InfoEvent 2 INFO 一般情報イベント
EventBufferStatus 7 INFO イベントバッファーステータス
SINGLEUSER イベント

これらのイベントは、シングルユーザーモードの開始と終了に関連するものです。

イベント 優先度 重大度 説明
SingleUser 7 INFO シングルユーザーモードを開始または終了しています
BACKUP イベント

これらのイベントは、作成またはリストアされるバックアップに関する情報を提供します。

イベント 優先度 重大度 説明
BackupStarted 7 INFO バックアップが開始されました
BackupStatus 7 INFO バックアップのステータス
BackupCompleted 7 INFO バックアップが完了しました
BackupFailedToStart 7 ALERT バックアップの開始に失敗しました
BackupAborted 7 ALERT バックアップがユーザーによって中止されました
RestoreStarted 7 INFO バックアップからのリストアが開始されました
RestoreMetaData 7 INFO メタデータをリストアしています
RestoreData 7 INFO データをリストアしています
RestoreLog 7 INFO ログファイルをリストアしています
RestoreCompleted 7 INFO バックアップからのリストアが完了しました
SavedEvent 7 INFO イベントが保存されました

User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.