Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.5.10.21 ndbinfo server_transactions テーブル

server_transactions テーブルは、cluster_transactions テーブルのサブセットですが、このテーブルに関連する接続 ID が含まれている場合は、現在の SQL ノード (MySQL サーバー) が参加しているトランザクションのみが含まれます。

次の表に、server_transactions テーブルのカラムに関する情報を示します。この表には、各カラムの名前、データ型、および簡単な説明を示します。追加情報については、表のあとに示す注記で見つけることができます。

カラム名 説明
mysql_connection_id 整数 MySQL Server 接続 ID
node_id 整数 トランザクションコーディネータノード ID
block_instance 整数 トランザクションコーディネータブロックインスタンス
transid 整数 トランザクション ID
state 文字列 操作の状態 (可能性のある値についてはテキストを参照)
count_operations 整数 トランザクションでのステートフル操作の数
outstanding_operations 整数 ローカルデータ管理レイヤー (LQH ブロック) でまだ実行されている操作
inactive_seconds 整数 API の待機に要した時間
client_node_id 整数 クライアントノード ID
client_block_ref 整数 クライアントのブロック参照

mysql_connection_id は、SHOW PROCESSLIST の出力に示された接続またはセッション ID と同じです。それは INFORMATION_SCHEMA のテーブル NDB_TRANSID_MYSQL_CONNECTION_MAP から取得されます。

トランザクション ID は、NDB API の getTransactionId() メソッドを使用して取得できる一意の 64 ビット数値です。(現在、MySQL サーバーは進行中のトランザクションの NDB API トランザクション ID を公開しません。)

state カラムは、CS_ABORTINGCS_COMMITTINGCS_COMMIT_SENTCS_COMPLETE_SENTCS_COMPLETINGCS_CONNECTEDCS_DISCONNECTEDCS_FAIL_ABORTEDCS_FAIL_ABORTINGCS_FAIL_COMMITTEDCS_FAIL_COMMITTINGCS_FAIL_COMPLETEDCS_FAIL_PREPAREDCS_PREPARE_TO_COMMITCS_RECEIVINGCS_REC_COMMITTINGCS_RESTARTCS_SEND_FIRE_TRIG_REQCS_STARTEDCS_START_COMMITTINGCS_START_SCANCS_WAIT_ABORT_CONFCS_WAIT_COMMIT_CONFCS_WAIT_COMPLETE_CONFCS_WAIT_FIRE_TRIG_REQ のいずれかの値を持つ可能性があります。(ndbinfo_show_hidden を有効にして MySQL サーバーが実行されている場合は、通常は非表示になっている ndb$dbtc_apiconnect_state テーブルから選択することで、この状態のリストを表示できます。)

client_node_id および client_block_refclient は MySQL Cluster の API ノードまたは SQL ノード (つまり、クラスタに接続されている NDB API クライアントまたは MySQL サーバー) を表します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.