Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  ndb_error_reporter — NDB エラーレポートユーティリティー

18.4.13 ndb_error_reporter — NDB エラーレポートユーティリティー

ndb_error_reporter は、クラスタのバグまたはその他の問題の診断に使用できるデータノードおよび管理ノードログファイルからアーカイブを作成します。MySQL Cluster でバグのレポートを提出するときは、このユーティリティーを使用することを強くお勧めします

次の表には、MySQL Cluster プログラム ndb_error_reporter に固有のコマンドオプションが含まれています。追加説明が表のあとにあります。ほとんどの MySQL Cluster プログラム (ndb_error_reporter を含む) に共通するオプションについては、セクション18.4.27「MySQL Cluster プログラムに共通するオプション — MySQL Cluster プログラムに共通するオプション」を参照してください。

MySQL Cluster NDB 7.3.3 より前では、ndb_error_reporter--help オプションをサポートしていませんでした (Bug #11756666、Bug #48606)。--connection-timeout --dry-scp オプションおよび --skip-nodegroup オプションもこのリリースで追加されました (Bug #16602002)。

表 18.87  この表は、ndb_error_reporter プログラムのコマンド行オプションについて説明しています

形式 説明 追加または削除

--connection-timeout=timeout

ノードに接続するときに待機する秒数 (これを経過するとタイムアウト)。

追加: NDB 7.3.3

--dry-scp

リモートホストで scp を無効にします。テストのためのみに使用します。

追加: NDB 7.3.3

--fs

エラーレポートにファイルシステムデータを含めます。大量のディスク領域が使用されることがあります

すべての MySQL 5.6 ベースリリース

--skip-nodegroup=nodegroup_id

この ID のノードグループ内のすべてのノードをスキップします。

追加: NDB 7.3.3


使用法

ndb_error_reporter path/to/config-file [username] [options]

このユーティリティーは管理ノードホストで使用することが意図されており、管理ホスト構成ファイル (通常、config.ini という名前です) へのパスが必要となります。必要に応じて、データノードログファイルをコピーするために、SSH を使用してクラスタのデータノードにアクセスできるユーザーの名前を指定できます。ndb_error_reporter は、実行されたディレクトリと同じディレクトリに作成されるアーカイブにそれらのすべてのファイルを含めます。アーカイブには ndb_error_report_YYYYMMDDHHMMSS.tar.bz2 という名前が付けられます。ここで YYYYMMDDHHMMSS は日時文字列です。

ndb_error_reporter は次に一覧されているオプションも受け入れます。

  • --connection-timeout=timeout

    プロパティ
    コマンド行形式 --connection-timeout=timeout
    導入 5.6.14-ndb-7.3.3
    整数
    デフォルト 0

    ノードに接続を試みるときに、タイムアウトする前にこの秒数だけ待機します。

  • --dry-scp

    プロパティ
    コマンド行形式 --dry-scp
    導入 5.6.14-ndb-7.3.3
    ブール
    デフォルト TRUE

    リモートホストからの scp を使用せずに ndb_error_reporter を実行します。テストにのみ使用されます。

  • --fs

    プロパティ
    コマンド行形式 --fs
    ブール
    デフォルト FALSE

    データノードファイルシステムを管理ホストにコピーし、それらをアーカイブに含めます。

    データノードファイルシステムは圧縮されていても非常に大きいことがあるため、特にそうするように要請された場合を除き、このオプションを使用して作成したアーカイブをオラクルに送信しないでください。

  • --skip-nodegroup=nodegroup_id

    プロパティ
    コマンド行形式 --connection-timeout=timeout
    導入 5.6.14-ndb-7.3.3
    整数
    デフォルト 0

    指定したノードグループ ID を持つノードグループに属するすべてのノードをスキップします。