Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.1.6.10 複数の MySQL Cluster ノードに関する制限

複数の SQL ノード  複数の MySQL サーバーを MySQL Cluster の SQL ノードとして使用することに関する NDBCLUSTER ストレージエンジン固有の問題を次に示します。

  • 分散型のテーブルロックがない  LOCK TABLES は、ロックが発行された SQL ノードに対してのみ機能します。クラスタ内のほかの SQL ノードでは、このロックは認識されません。これは、操作の一部としてテーブルをロックするステートメントによって発行されたロックにも当てはまります。(例については、次の項目を参照してください。)

  • ALTER TABLE 操作  複数の MySQL サーバー (SQL ノード) が実行されているときは、ALTER TABLE によるロックは完全ではありません。(前の項目で説明したように、MySQL Cluster は分散型のテーブルロックをサポートしません。)

複数の管理ノード  複数の管理サーバーを使用する場合:

  • ノード ID の自動割り当てが複数の管理サーバー間で機能しないため、接続文字列にノードの明示的な ID を指定する必要があります。

  • 管理サーバーを起動すると、まず同じ MySQL Cluster 内にほかの管理サーバーがあるかどうかがチェックされ、ほかの管理サーバーへの接続に成功すると、その構成データが使用されます。つまり、管理サーバーの --reload および --initial 起動オプションは、それが実行中の唯一の管理サーバーでないかぎり、無視されます。また、複数の管理ノードを含む MySQL Cluster のローリング再起動を実行すると、管理サーバーはその MySQL Cluster で実行中の唯一の管理サーバーである場合にかぎって、それ自身の構成ファイルを読み取ります。詳細は、セクション18.5.5「MySQL Cluster のローリング再起動の実行」を参照してください。

複数のネットワークアドレス  1 つのデータノードに対する複数のネットワークアドレスはサポートされません。これらを使用すると、問題が発生しやすくなります。データノードに障害が発生すると、SQL ノードはデータノードが停止したことの確認を待機しますが、そのデータノードへの別のルートが開いたままであるため、この確認を受信できません。これにより、クラスタは実質的に操作不能になります。

注記

1 つのデータノードで複数のネットワークハードウェアインタフェース (Ethernet カードなど) を使用できますが、これらは同じアドレスにバインドする必要があります。これは、config.ini ファイルで接続ごとに複数の [tcp] セクションを使用できないことも意味します。詳細は、セクション18.3.2.8「MySQL クラスタの TCP/IP 接続」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.