Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  ndb_blob_tool — MySQL Cluster テーブルの BLOB および TEXT カラムのチェックおよび修復

18.4.6 ndb_blob_tool — MySQL Cluster テーブルの BLOB および TEXT カラムのチェックおよび修復

このツールは、孤立した BLOB カラムパーツをチェックして NDB テーブルから削除するため、および孤立したパーツを一覧したファイルを生成するために使用できます。これは、BLOB または TEXT カラムが含まれている破損または損傷した NDB テーブルを診断および修復する場合に役に立つことがあります。

ndb_blob_tool の基本的な構文を次に示します。

ndb_blob_tool [options] table [column, ...]

--help オプションを使用する場合を除き、1 つ以上のオプション (--check-orphans--delete-orphans、または --dump-file) を含めることによって、実行するアクションを指定する必要があります。これらのオプションを指定すると、ndb_blob_tool がそれぞれ孤立した BLOB パーツをチェックしたり、孤立した BLOB パーツを削除したり、孤立した BLOB パーツを一覧するダンプファイルを生成したりします。これについての詳細は、このセクションで後述します。

ndb_blob_tool を呼び出すときは、テーブルの名前も指定する必要があります。また、必要に応じて、テーブル名の後ろに、(カンマで区切った) そのテーブルの 1 つ以上の BLOB または TEXT カラムの名前を続けることができます。カラムをリストしない場合、このツールはテーブルのすべての BLOB および TEXT カラムを処理します。データベースを指定する必要がある場合は、--database (-d) オプションを使用します。

--verbose オプションは、ツールの進行状況に関する追加の情報を出力します。

次の表には、ndb_blob_tool に固有のオプションが含まれています。追加説明が表のあとにあります。ほとんどの MySQL Cluster プログラム (ndb_blob_tool を含む) に共通するオプションについては、セクション18.4.27「MySQL Cluster プログラムに共通するオプション — MySQL Cluster プログラムに共通するオプション」を参照してください。

表 18.81  この表は、ndb_blob_tool プログラムのコマンド行オプションについて説明しています

形式 説明 追加または削除

--check-orphans

孤立した BLOB パーツをチェックします

すべての MySQL 5.6 ベースリリース

--database=db_name

-d

テーブルを探すデータベース。

すべての MySQL 5.6 ベースリリース

--delete-orphans

孤立した BLOB パーツを削除します

すべての MySQL 5.6 ベースリリース

--dump-file=file

指定したファイルに孤立したキーを書き込みます

すべての MySQL 5.6 ベースリリース

--verbose

-v

冗長出力

すべての MySQL 5.6 ベースリリース


  • --check-orphans

    Property Value
    コマンド行形式 --check-orphans
    ブール
    デフォルト FALSE

    MySQL Cluster テーブルの孤立した BLOB パーツをチェックします。

  • --database=db_name-d

    Property Value
    コマンド行形式 --database=db_name
    文字列
    デフォルト [none]

    テーブルを探すデータベースを指定します。

  • --delete-orphans

    Property Value
    コマンド行形式 --delete-orphans
    ブール
    デフォルト FALSE

    MySQL Cluster テーブルから孤立した BLOB パーツを削除します。

  • --dump-file=file

    Property Value
    コマンド行形式 --dump-file=file
    ファイル名
    デフォルト [none]

    孤立した BLOB カラムパーツのリストを file に書き込みます。ファイルに書き込まれる情報には、各孤立した BLOB パーツのテーブルキーおよび BLOB パーツ番号が含まれます。

  • --verbose

    Property Value
    コマンド行形式 --verbose
    ブール
    デフォルト FALSE

    進行状況に関する追加情報をツールの出力に書き込みます。

最初に、次に示す CREATE TABLE ステートメントを使用して、test データベースに NDB テーブルを作成します。

USE test;

CREATE TABLE btest (
    c0 BIGINT UNSIGNED NOT NULL AUTO_INCREMENT PRIMARY KEY, 
    c1 TEXT, 
    c2 BLOB
)   ENGINE=NDB;

その後、これに似た一連のステートメントを使用して、このテーブルにいくつかの行を挿入します。

INSERT INTO btest VALUES (NULL, 'x', REPEAT('x', 1000));

このテーブルに対して --check-orphans を指定して ndb_blob_tool を実行すると、次の出力が生成されます。

shell> ndb_blob_tool --check-orphans --verbose -d test btest
connected
processing 2 blobs
processing blob #0 c1 NDB$BLOB_19_1
NDB$BLOB_19_1: nextResult: res=1
total parts: 0
orphan parts: 0
processing blob #1 c2 NDB$BLOB_19_2
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=0
NDB$BLOB_19_2: nextResult: res=1
total parts: 10
orphan parts: 0
disconnected

NDBT_ProgramExit: 0 - OK

c1TEXT カラムですが、カラム c1 に関連付けられている NDB BLOB カラムパーツはないことをこのツールは報告しています。これは、NDB テーブルでは、BLOB または TEXT カラム値の最初の 256 バイトのみがインラインで格納され、それを超過する部分 (ある場合) のみが別個に格納されるためです。したがって、これらのタイプのいずれかのカラムに 256 バイトを超える値がない場合、このカラムの BLOB カラムパーツは NDB によって作成されません。詳細は、セクション11.7「データ型のストレージ要件」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.