Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.2.2.1 Linux での MySQL Cluster バイナリリリースのインストール

このセクションでは、オラクルが提供する事前コンパイル済みバイナリからクラスタノードの各タイプに対応する適切な実行可能ファイルをインストールするために必要なステップについて説明します。

事前コンパイル済みバイナリを使用してクラスタをセットアップする場合は、各クラスタホストのインストールプロセスの最初のステップとして、MySQL Cluster ダウンロード領域から最新の MySQL Cluster NDB 7.3 以降のバイナリアーカイブ (mysql-cluster-gpl-7.3.9-linux-i686-glibc23.tar.gz または mysql-cluster-gpl-7.4.4-linux-i686-glibc23.tar.gz) をダウンロードします。ここでは、このファイルが各マシンの /var/tmp ディレクトリに配置されていると仮定します。(カスタムバイナリが必要な場合は、セクション2.9.3「開発ソースツリーを使用して MySQL をインストールする」を参照してください。)

注記

インストールが完了しても、バイナリはまだ起動しないでください。ノードの構成に続いてその実行方法を示します (セクション18.2.4「MySQL Cluster の初期構成」を参照してください)。

SQL ノード  SQL ノードのホストとして指定された各マシンで、システムの root ユーザーとして次のステップを実行します。

  1. /etc/passwd および /etc/group ファイルを調べて (または、オペレーティングシステムが提供する何らかのユーザーおよびグループ管理ツールを使用して)、システムに mysql グループと mysql ユーザーがすでに存在しているかどうかを確認します。一部の OS 配布では、オペレーティングシステムのインストールプロセスの一部としてこれらが作成されます。まだ存在しない場合は、mysql ユーザーグループを新規作成し、このグループに mysql ユーザーを追加します。

    shell> groupadd mysql
    shell> useradd -g mysql mysql

    useradd および groupadd の構文は、Unix のバージョンによって多少異なる場合があり、また adduser および addgroup などの別な名前を使用している場合もあります。

  2. ダウンロードしたファイルを含むディレクトリに移動し、アーカイブを解凍して、mysql という名前で mysql ディレクトリへのシンボリックリンクを作成します。実際のファイルおよびディレクトリ名は、MySQL Cluster のバージョン番号によって異なります。

    shell> cd /var/tmp
    shell> tar -C /usr/local -xzvf mysql-cluster-gpl-7.4.4-linux2.6.tar.gz
    shell> ln -s /usr/local/mysql-cluster-gpl-7.4.4-linux2.6-i686 /usr/local/mysql
  3. mysql ディレクトリに移動し、システムデータベースを作成するための付属のスクリプトを実行します。

    shell> cd mysql
    shell> scripts/mysql_install_db --user=mysql
  4. MySQL サーバーおよびデータディレクトリで必要なアクセス許可を設定します。

    shell> chown -R root .
    shell> chown -R mysql data
    shell> chgrp -R mysql .
  5. MySQL 起動スクリプトを適切なディレクトリにコピーし、実行可能にして、オペレーティングシステムがブートしたときに起動するように設定します。

    shell> cp support-files/mysql.server /etc/rc.d/init.d/
    shell> chmod +x /etc/rc.d/init.d/mysql.server
    shell> chkconfig --add mysql.server

    (起動スクリプトのディレクトリは、オペレーティングシステムとバージョンによって異なります。たとえば、一部の Linux 配布では /etc/init.d です。)

    ここでは、起動スクリプトへのリンクを作成するために Red Hat の chkconfig を使用します。使用しているプラットフォームのこの目的に適した何らかの手段 (Debian の update-rc.d など) を使用してください。

前述の各ステップは、SQL ノードを配置するマシンごとに繰り返す必要があります。

データノード  データノードのインストールには、mysqld バイナリは必要ありません。MySQL Cluster のデータノード実行可能ファイル ndbd (シングルスレッド) または ndbmtd (マルチスレッド) のみが必要です。これらのバイナリも、.tar.gz アーカイブに含まれています。ここでも、このアーカイブが /var/tmp に配置されていると仮定します。

システムの root として (つまり、sudosu root、または使用しているシステムでシステム管理者アカウントの特権を一時的に持つための同等のコマンドを使用したあとで)、次のステップを実行してデータノードホストにデータノードバイナリをインストールします。

  1. /var/tmp ディレクトリに移動し、アーカイブに含まれる ndbd および ndbmtd バイナリを /usr/local/bin などの適切なディレクトリに抽出します。

    shell> cd /var/tmp
    shell> tar -zxvf mysql-5.6.22-ndb-7.4.4-linux-i686-glibc23.tar.gz
    shell> cd mysql-5.6.22-ndb-7.4.4-linux-i686-glibc23
    shell> cp bin/ndbd /usr/local/bin/ndbd
    shell> cp bin/ndbmtd /usr/local/bin/ndbmtd

    (ndb_mgm および ndb_mgmd を実行可能ファイルのディレクトリにコピーしたあとは、ダウンロードしたアーカイブを解凍したときに作成されたディレクトリ (およびディレクトリ内のファイル) を /var/tmp から安全に削除できます。)

  2. ファイルをコピーしたディレクトリに移動して、両方のファイルを実行可能にします。

    shell> cd /usr/local/bin
    shell> chmod +x ndb*

前述のステップは、データノードホストごとに繰り返してください。

MySQL Cluster データノードを実行するために必要なのはいずれかのデータノード実行可能ファイルだけですが、前の説明では ndbdndbmtd の両方のインストール方法を示しました。MySQL Cluster をインストールまたはアップグレードするときは、どちらか一方のみを使用する予定であっても、あとでもう一方に変更する場合の時間と問題が減るため、このようにすることをお勧めします。

注記

データノードをホストする各マシン上のデータディレクトリは /usr/local/mysql/data です。この情報は、管理ノードを構成するときに重要になります。(セクション18.2.4「MySQL Cluster の初期構成」を参照してください。)

管理ノード  管理ノードのインストールには、mysqld バイナリは必要ありません。MySQL Cluster の管理サーバー (ndb_mgmd) のみが必要です。ほとんどの場合、管理クライアント (ndb_mgm) もインストールする必要があります。これらのバイナリは、どちらも .tar.gz アーカイブに含まれています。ここでも、このアーカイブが /var/tmp に配置されていると仮定します。

システムの root として、次のステップを実行して管理ノードホストに ndb_mgmd および ndb_mgm をインストールします。

  1. /var/tmp ディレクトリに移動し、アーカイブに含まれる ndb_mgm および ndb_mgmd/usr/local/bin などの適切なディレクトリに抽出します。

    shell> cd /var/tmp
    shell> tar -zxvf mysql-5.6.22-ndb-7.4.4-linux2.6-i686.tar.gz
    shell> cd mysql-5.6.22-ndb-7.4.4-linux2.6-i686
    shell> cp bin/ndb_mgm* /usr/local/bin

    (ndb_mgm および ndb_mgmd を実行可能ファイルのディレクトリにコピーしたあとは、ダウンロードしたアーカイブを解凍したときに作成されたディレクトリ (およびディレクトリ内のファイル) を /var/tmp から安全に削除できます。)

  2. ファイルをコピーしたディレクトリに移動して、両方のファイルを実行可能にします。

    shell> cd /usr/local/bin
    shell> chmod +x ndb_mgm*

セクション18.2.4「MySQL Cluster の初期構成」では、この例の MySQL Cluster に含まれるすべてのノード用の構成ファイルを作成しています。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.