Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  クイックリファレンス: MySQL Cluster の SQL ステートメント

18.5.9 クイックリファレンス: MySQL Cluster の SQL ステートメント

このセクションでは、MySQL Cluster に接続された MySQL サーバーを管理およびモニターする際に役立つ可能性のあるいくつかの SQL ステートメントについて説明し、場合によってクラスタ自体に関する情報も提供します。

  • SHOW ENGINE NDB STATUSSHOW ENGINE NDBCLUSTER STATUS

    このステートメントの出力には、クラスタへのサーバーの接続、MySQL Cluster オブジェクトの作成と使用、および MySQL Cluster レプリケーションのバイナリロギングに関する情報が含まれます。

    使用例および詳細な情報については、セクション13.7.5.16「SHOW ENGINE 構文」を参照してください。

  • SHOW ENGINES

    このステートメントを使用すると、MySQL サーバーでクラスタ化のサポートが有効になっているかどうか、およびその場合はアクティブであるかどうかを確認できます。

    詳細は、セクション13.7.5.17「SHOW ENGINES 構文」を参照してください。

    注記

    このステートメントでは、LIKE 句がサポートされていません。ただし、次の項目で説明するように、LIKE を使用すれば、INFORMATION_SCHEMA.ENGINES テーブルに対するクエリーをフィルタ処理できます。

  • SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.ENGINES [WHERE ENGINE LIKE 'NDB%']

    これは、SHOW ENGINES と同等ですが、INFORMATION_SCHEMAENGINES テーブルを使用します。SHOW ENGINES ステートメントを使用する場合とは異なり、LIKE 句を使用して結果をフィルタ処理したり、特定のカラムを選択してスクリプトで役立つ可能性のある情報を取得したりできます。たとえば、次のクエリーは、NDB サポートを使用してサーバーが構築されたかどうか、およびその場合は有効になっているかどうかを表示します。

    mysql> SELECT SUPPORT FROM INFORMATION_SCHEMA.ENGINES
        ->   WHERE ENGINE LIKE 'NDB%';
    +---------+
    | support |
    +---------+
    | ENABLED |
    +---------+

    詳細は、セクション21.6「INFORMATION_SCHEMA ENGINES テーブル」を参照してください。

  • SHOW VARIABLES LIKE 'NDB%'

    このステートメントは、次に示すように、NDB ストレージエンジンに関するほとんどのサーバーシステム変数、およびそれらの値のリストを表示します。

    mysql> SHOW VARIABLES LIKE 'NDB%';
    +-------------------------------------+-------+
    | Variable_name                       | Value |
    +-------------------------------------+-------+
    | ndb_autoincrement_prefetch_sz       | 32    |
    | ndb_cache_check_time                | 0     |
    | ndb_extra_logging                   | 0     |
    | ndb_force_send                      | ON    |
    | ndb_index_stat_cache_entries        | 32    |
    | ndb_index_stat_enable               | OFF   |
    | ndb_index_stat_update_freq          | 20    |
    | ndb_report_thresh_binlog_epoch_slip | 3     |
    | ndb_report_thresh_binlog_mem_usage  | 10    |
    | ndb_use_copying_alter_table         | OFF   |
    | ndb_use_exact_count                 | ON    |
    | ndb_use_transactions                | ON    |
    +-------------------------------------+-------+

    詳細は、セクション5.1.4「サーバーシステム変数」を参照してください。

  • SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.GLOBAL_VARIABLES WHERE VARIABLE_NAME LIKE 'NDB%';

    このステートメントは、前の項目で説明した SHOW コマンドと同等であり、次に示すように、ほぼ同じ出力を生成します。

    mysql> SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.GLOBAL_VARIABLES
        ->   WHERE VARIABLE_NAME LIKE 'NDB%';
    +-------------------------------------+----------------+
    | VARIABLE_NAME                       | VARIABLE_VALUE |
    +-------------------------------------+----------------+
    | NDB_AUTOINCREMENT_PREFETCH_SZ       | 32             |
    | NDB_CACHE_CHECK_TIME                | 0              |
    | NDB_EXTRA_LOGGING                   | 0              |
    | NDB_FORCE_SEND                      | ON             |
    | NDB_INDEX_STAT_CACHE_ENTRIES        | 32             |
    | NDB_INDEX_STAT_ENABLE               | OFF            |
    | NDB_INDEX_STAT_UPDATE_FREQ          | 20             |
    | NDB_REPORT_THRESH_BINLOG_EPOCH_SLIP | 3              |
    | NDB_REPORT_THRESH_BINLOG_MEM_USAGE  | 10             |
    | NDB_USE_COPYING_ALTER_TABLE         | OFF            |
    | NDB_USE_EXACT_COUNT                 | ON             |
    | NDB_USE_TRANSACTIONS                | ON             |
    +-------------------------------------+----------------+

    SHOW コマンドを使用する場合とは異なり、個々のカラムを選択できます。例:

    mysql> SELECT VARIABLE_VALUE 
        ->   FROM INFORMATION_SCHEMA.GLOBAL_VARIABLES
        ->   WHERE VARIABLE_NAME = 'ndb_force_send';
    +----------------+
    | VARIABLE_VALUE |
    +----------------+
    | ON             |
    +----------------+

    詳細は、セクション21.9「INFORMATION_SCHEMA GLOBAL_VARIABLES および SESSION_VARIABLES テーブル」およびセクション5.1.4「サーバーシステム変数」を参照してください。

  • SHOW STATUS LIKE 'NDB%'

    このステートメントは、MySQL サーバーがクラスタ SQL ノードとして動作しているかどうかをひと目でわかるように表示し、その場合は次に示すように、MySQL サーバーのクラスタノード ID、接続先のクラスタ管理サーバーのホスト名とポート、およびクラスタ内のデータノードの数を表示します。

    mysql> SHOW STATUS LIKE 'NDB%';
    +--------------------------+---------------+
    | Variable_name            | Value         |
    +--------------------------+---------------+
    | Ndb_cluster_node_id      | 10            |
    | Ndb_config_from_host     | 192.168.0.103 |
    | Ndb_config_from_port     | 1186          |
    | Ndb_number_of_data_nodes | 4             |
    +--------------------------+---------------+

    MySQL サーバーがクラスタ化サポートを使用して構築されたが、クラスタに接続されていない場合は、このステートメントの出力のすべての行に、ゼロまたは空の文字列が格納されます。

    mysql> SHOW STATUS LIKE 'NDB%';
    +--------------------------+-------+
    | Variable_name            | Value |
    +--------------------------+-------+
    | Ndb_cluster_node_id      | 0     |
    | Ndb_config_from_host     |       |
    | Ndb_config_from_port     | 0     |
    | Ndb_number_of_data_nodes | 0     |
    +--------------------------+-------+

    セクション13.7.5.36「SHOW STATUS 構文」も参照してください。

  • SELECT * FROM INFORMATION_SCHEMA.GLOBAL_STATUS WHERE VARIABLE_NAME LIKE 'NDB%';

    このステートメントは、前の項目で説明した SHOW コマンドと同様の出力を生成します。ただし、SHOW STATUS を使用する場合とは異なり、SELECT を使用して、モニタリングおよび自動化のためにスクリプトで使用するための SQL の値を抽出できます。

    詳細は、セクション21.8「INFORMATION_SCHEMA GLOBAL_STATUS および SESSION_STATUS テーブル」を参照してください。

また、多くの MySQL Cluster 操作に関するリアルタイムのデータについて、ndbinfo 情報データベース内のテーブルをクエリーすることもできます。セクション18.5.10「ndbinfo MySQL Cluster 情報データベース」を参照してください。