Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 20.9Mb
PDF (A4) - 21.0Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.5.6.1 MySQL Cluster のロギング管理コマンド

ndb_mgm では、クラスタログに関連するいくつかの管理コマンドがサポートされています。次のリストでは、node_id はデータベースノード ID、またはクラスタのデータノードのすべてにコマンドを適用すべきことを示すキーワード ALL を示します。

  • CLUSTERLOG ON

    クラスタログをオンにします。

  • CLUSTERLOG OFF

    クラスタログをオフにします。

  • CLUSTERLOG INFO

    クラスタログの設定に関する情報を提供します。

  • node_id CLUSTERLOG category=threshold

    threshold 以下の優先度を持つ category のイベントをクラスタログに記録します。

  • CLUSTERLOG FILTER severity_level

    指定された severity_level のイベントのクラスタロギングを切り換えます。

次の表では、クラスタログカテゴリのしきい値の (すべてのデータノードの) デフォルト設定について説明します。イベントの優先度が優先度のしきい値以下である場合は、そのイベントがクラスタログにレポートされます。

イベントはデータノードごとにレポートされ、しきい値はノードごとに異なる値に設定できます。

カテゴリ デフォルトのしきい値 (すべてのデータノード)
STARTUP 7
SHUTDOWN 7
STATISTICS 7
CHECKPOINT 7
NODERESTART 7
CONNECTION 7
ERROR 15
INFO 7

STATISTICS カテゴリは、役に立つデータを大量に提供できます。詳細は、セクション18.5.6.3「MySQL Cluster 管理クライアントでの CLUSTERLOG STATISTICS の使用」を参照してください。

しきい値は、各カテゴリ内のイベントをフィルタ処理するために使用されます。たとえば、優先度が 3 の STARTUP イベントのログは、STARTUP のしきい値が 3 以上に設定されていなければ記録されません。しきい値が 3 の場合は、優先度が 3 以下のイベントのみが送信されます。

次の表は、イベントの重大度レベルを示しています。

注記

これらは、使用されることもマップされることもない LOG_EMERGLOG_NOTICE を除く、Unix の syslog レベルに対応します。

重大度レベル値

重大度

説明

1

ALERT

すぐに修正するべき状況 (システムデータベースの破損など)

2

CRITICAL

クリティカルな状況 (デバイスエラーやリソース不足など)

3

ERROR

修正するべき状況 (構成エラーなど)

4

WARNING エラーではないが、特別な処理が必要な可能性がある状況

5

INFO 情報メッセージ

6

DEBUG NDBCLUSTER の開発で使用されるデバッグメッセージ

イベント重大度レベルは、CLUSTERLOG FILTER を使用することでオンとオフを切り替えることができます (上記を参照してください)。重大度レベルをオンにすると、優先度がカテゴリしきい値以下であるすべてのイベントがログに記録されます。重大度レベルをオフにすると、その重大度レベルに属するイベントはログに記録されません。

重要

クラスタログレベルは、ndb_mgmd ごとに、スクライバ単位で設定されます。つまり、複数の管理サーバーを持つ MySQL Cluster では、1 台の管理サーバーに接続された ndb_mgm のインスタンスで CLUSTERLOG コマンドを使用すると、その管理サーバーで生成されたログのみが影響を受け、その他のサーバーで生成されたログは影響を受けません。また、管理サーバーの 1 台が再起動されると、その管理サーバーで生成されたログのみが、再起動によって発生したログレベルのリセットによる影響を受けます。