Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  Windows でのソースからの MySQL Cluster のコンパイルとインストール

18.2.3.2 Windows でのソースからの MySQL Cluster のコンパイルとインストール

オラクルは、ほとんどのユーザーに適合する事前コンパイル済みの Windows 用 MySQL Cluster バイナリを提供しています。ただし、必要な場合はソースコードから Windows 用の MySQL Cluster をコンパイルすることもできます。これを実行する手順は、標準の Windows 用 MySQL Server バイナリをコンパイルする場合の手順とほぼ同じであり、同じツールを使用します。ただし、2 つの大きな違いがあります。

  • MySQL Cluster をビルドするには、http://dev.mysql.com/downloads/cluster/ から入手できる MySQL Cluster ソースを使用する必要があります。

    標準の MySQL Server のソースコードから MySQL Cluster をビルドしようとすると、失敗する可能性が高く、オラクルではサポートされません。

  • CMake で使用するほかのビルドオプションに加えて、WITH_NDBCLUSTER_STORAGE_ENGINE または WITH_NDBCLUSTER オプションを使用してビルドを構成する必要があります。(WITH_NDBCLUSTERWITH_NDBCLUSTER_STORAGE_ENGINE のエイリアスとしてサポートされており、まったく同じように機能します。)

重要

MySQL Cluster NDB 7.3 以降では、WITH_NDB_JAVA オプションがデフォルトで有効になっています。つまり、デフォルトでは CMake でシステム上の Java の場所が見つからなかった場合に構成プロセスが失敗します。Java および ClusterJ のサポートを有効にしない場合は、-DWITH_NDB_JAVA=OFF を使用してビルドを構成することで、これを明示的に示す必要があります。(Bug #12379735) 必要な場合は、WITH_CLASSPATH を使用して Java クラスパスを指定します。

MySQL Cluster のビルドに固有の CMake オプションの詳細は、MySQL Cluster をコンパイルするためのオプションを参照してください。

ビルドプロセスが完了したら、コンパイルされたバイナリを含む Zip アーカイブを作成できます。Windows システムでこのタスクを実行するのに必要なコマンドについては、セクション2.9.2「標準ソース配布を使用して MySQL をインストールする」を参照してください。MySQL Cluster バイナリは、生成されたアーカイブの bin ディレクトリに含まれています。このアーカイブは no-install アーカイブと同等であり、同じ方法でインストールおよび構成できます。詳細は、セクション18.2.3.1「Windows でのバイナリリリースからの MySQL Cluster のインストール」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.