Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.3.2.8 MySQL クラスタの TCP/IP 接続

TCP/IP は、MySQL Cluster に含まれるノード間のすべての接続で使用されるデフォルトのトランスポートメカニズムです。通常、TCP/IP 接続を定義する必要はありません。MySQL Cluster は、すべてのデータノード、管理ノード、および SQL または API ノードに対してそのような接続を自動的に設定します。

注記

このルールの例外については、セクション18.3.2.9「直接接続を使用する MySQL Cluster の TCP/IP 接続」を参照してください。

デフォルトの接続パラメータをオーバーライドするには、config.ini ファイルで 1 つ以上の [tcp] セクションを使用して接続を定義する必要があります。各 [tcp] セクションは、2 つの MySQL Cluster クラスタノード間の TCP/IP 接続を定義します。これには、最低でも NodeId1 および NodeId2 パラメータと、オーバーライドする接続パラメータを含める必要があります。

これらのパラメータのデフォルト値を [tcp default] セクションに設定して変更することもできます。

重要

config.ini ファイル内の [tcp] セクションは、最後に (ファイル内のほかのすべてのセクションのあとで) 指定するようにしてください。ただし、[tcp default] セクションについては、これは必須ではありません。この要件は、MySQL Cluster 管理サーバーが config.ini ファイルを読み取る方法に関する既知の問題です。

config.ini ファイルの [tcp] および [tcp default] セクションに設定できる接続パラメータをここに示します。

  • NodeId1

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 数値 [none] ... N

    2 つのノード間の接続を識別するには、構成ファイルの [tcp] セクションに NodeId1 および NodeId2 の値としてノード ID を指定する必要があります。これらは、各ノードに対する一意の Id 値であり、セクション18.3.2.7「MySQL Cluster 内の SQL ノードおよびその他の API ノードの定義」で説明しているものと同じです。

  • NodeId2

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 数値 [none] ... N

    2 つのノード間の接続を識別するには、構成ファイルの [tcp] セクションに NodeId1 および NodeId2 の値としてノード ID を指定する必要があります。これらは、各ノードに対する一意の Id 値であり、セクション18.3.2.7「MySQL Cluster 内の SQL ノードおよびその他の API ノードの定義」で説明しているものと同じです。

  • HostName1

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 名前または IP アドレス [none] ... N

    HostName1 および HostName2 パラメータを使用すると、2 つのノード間の特定の TCP 接続で使用する特定のネットワークインタフェースを指定できます。これらのパラメータに使用する値は、ホスト名または IP アドレスです。

  • HostName2

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 名前または IP アドレス [none] ... N

    HostName1 および HostName2 パラメータを使用すると、2 つのノード間の特定の TCP 接続で使用する特定のネットワークインタフェースを指定できます。これらのパラメータに使用する値は、ホスト名または IP アドレスです。

  • OverloadLimit

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 バイト 0 0 - 4294967039 (0xFFFFFEFF) N

    送信バッファーにこれより多くの未送信バイトがあるときは、接続が過負荷状態であるとみなされます。

    このパラメータを使用すると、接続を過負荷状態であるとみなす前に送信バッファーに存在する未送信データ量を決定できます。詳細は、セクション18.3.2.12「MySQL Cluster の送信バッファーパラメータの構成」を参照してください。

  • SendBufferMemory

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 符号なし 2M 256K - 4294967039 (0xFFFFFEFF) N

    TCP トランスポータは、オペレーティングシステムに対する送信呼び出しを実行する前に、バッファーを使用してすべてのメッセージを格納します。このバッファーが 64K バイトに達すると、その内容が送信されます。これは、一連のメッセージが実行されたときにも送信されます。一時的な過負荷状態に対応するため、より大きな送信バッファーを定義することもできます。

    このパラメータが明示的に設定されている場合は、メモリーが各トランスポータ専用でなくなります。代わりに、使用された値によって、(使用可能なメモリーの合計、つまり TotalSendBufferMemory のうち) 単一のトランスポータが使用できるメモリー量に関する厳密な制限が示されます。MySQL Cluster でトランスポータ送信バッファーメモリーの動的割り当てを構成する方法の詳細は、セクション18.3.2.12「MySQL Cluster の送信バッファーパラメータの構成」を参照してください。

    送信バッファーのデフォルトサイズは 2M バイトです。これは、ほとんどの状況で推奨されるサイズです。最小サイズは 64K バイトです。理論的な最大は 4G バイトです。

  • SendSignalId

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 ブール [テキストを参照] true、false N

    配信されたメッセージデータグラムを再トレースできるようにするには、各メッセージを識別する必要があります。このパラメータを Y に設定すると、メッセージ ID がネットワーク経由で転送されます。この機能は、製品ビルドではデフォルトで無効になっており、-debug ビルドで有効になります。

  • Checksum

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 ブール false true、false N

    このパラメータはブールパラメータです (Y または 1 に設定すると有効になり、N または 0 に設定すると無効になります)。デフォルトでは無効になっています。有効にすると、送信バッファーに配置される前にすべてのメッセージのチェックサムが計算されます。この機能によって、メッセージが送信バッファーでの待機中に (またはトランスポートメカニズムによって) 破損していないことが確認されます。

  • PortNumber (廃止)

    以前は、ほかのノードからの接続を待機するために使用するポート番号をこれで指定していました。このパラメータは今後使用しないようにしてください。代わりに ServerPort データノード構成パラメータを使用します。

  • ReceiveBufferMemory

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 バイト 2M 16K - 4294967039 (0xFFFFFEFF) N

    TCP/IP ソケットからデータを受信するときに使用するバッファーのサイズを指定します。

    このパラメータのデフォルト値は 2M バイトです。指定可能な最小値は 16K バイトです。理論的な最大は 4G バイトです。

  • TCP_RCV_BUF_SIZE

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 符号なし 70080 1 - 2G N
    NDB 7.3.1 符号なし 0 0 - 2G N

    TCP トランスポータの初期化時に設定される受信バッファーのサイズを指定します。MySQL Cluster NDB 7.3.1 より前では、デフォルトは 70080、最小は 1 でした。MySQL Cluster NDB 7.3.1 以降では、デフォルトおよび最小値は 0 です。その場合は、オペレーティングシステムまたはプラットフォームによってこの値が設定されます。ほとんどの一般的な使用ケースでは、デフォルトが推奨されます。

  • TCP_SND_BUF_SIZE

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 符号なし 71540 1 - 2G N
    NDB 7.3.1 符号なし 0 0 - 2G N

    TCP トランスポータの初期化時に設定される送信バッファーのサイズを指定します。MySQL Cluster NDB 7.3.1 より前では、デフォルトは 71540、最小は 1 でした。MySQL Cluster NDB 7.3.1 以降では、デフォルトおよび最小値は 0 です。その場合は、オペレーティングシステムまたはプラットフォームによってこの値が設定されます。ほとんどの一般的な使用ケースでは、デフォルトが推奨されます。

  • TCP_MAXSEG_SIZE

    有効なバージョン 型/単位 デフォルト 範囲/値 再起動タイプ
    NDB 7.3.0 符号なし 0 0 - 2G N

    TCP トランスポータの初期化時に設定されるメモリーのサイズを決定します。ほとんどの一般的な使用ケースでは、デフォルトが推奨されます。

  • TcpBind_INADDR_ANY

    このパラメータを TRUE または 1 に設定すると、IP_ADDR_ANY がバインドされ、任意の場所から接続できるようになります (自動生成接続の場合)。デフォルトは FALSE (0) です。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.