Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


18.5.12.3 MySQL Cluster ディスクデータストレージの要件

ディスクテータストレージの要件には、次の項目が適用されます。

  • ディスクデータテーブルの可変長カラムは、固定の容量を占有します。これは、行ごとに、そのカラムで可能性のある最大値を格納するために必要な容量に等しくなります。

    このような値の計算に関する一般的な情報については、セクション11.7「データ型のストレージ要件」を参照してください。

    INFORMATION_SCHEMA.FILES テーブルをクエリーして、データファイルおよび Undo ログファイルで使用可能な推定容量を取得できます。詳細および例については、セクション21.30.1「INFORMATION_SCHEMA FILES テーブル」を参照してください。

    注記

    OPTIMIZE TABLE ステートメントを実行しても、ディスクデータテーブルは影響を受けません。

  • ディスクデータテーブルでは、TEXT または BLOB カラムの最初の 256 バイトがメモリー内に格納され、その残りだけがディスク上に格納されます。

  • ディスクデータテーブル内の各行では、ディスク上に格納されたデータを指すためにメモリー内の 8 バイトが使用されます。つまり、場合によっては、インメモリーカラムをディスクベースの形式に変換すれば、実際にメモリーの使用率を改善できます。たとえば、CHAR(4) カラムをメモリーベースの形式からディスクベースの形式に変換すると、1 行当たりに使用される DataMemory の量が 4 バイトから 8 バイトに増加します。

重要

--initial オプションを付けてクラスタを起動しても、ディスクデータファイルは削除されません。クラスタの初期再起動を実行する前に、これらを手動で削除する必要があります。

DiskPageBufferMemory のサイズが十分にあることを確認して、ディスクシークの回数を最小限に抑えると、ディスクデータテーブルのパフォーマンスを改善できます。diskpagebuffer テーブルをクエリーすると、このパラメータの値を大きくする必要があるかどうかを判断する際に役立ちます。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.