Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.4.3.1 START GROUP_REPLICATION ステートメント

  START GROUP_REPLICATION
          [USER='user_name']
          [, PASSWORD='user_pass']
          [, DEFAULT_AUTH='plugin_name']

グループレプリケーションを開始します。 このステートメントには、GROUP_REPLICATION_ADMIN 権限 (または非推奨の SUPER 権限) が必要です。 super_read_only=ON が設定されており、メンバーがプライマリとして参加する必要がある場合、グループレプリケーションが正常に開始されると、super_read_onlyOFF に設定されます。

MySQL 8.0.21 から、次のように USERPASSWORD および DEFAULT_AUTH オプションを使用して、START GROUP_REPLICATION ステートメントで分散リカバリのユーザー資格証明を指定できます:

  • USER: 分散リカバリのレプリケーションユーザー。 このアカウントを設定する手順は、セクション18.2.1.3「分散リカバリのユーザー資格証明」 を参照してください。 PASSWORD が指定されている場合、空または null の文字列を指定したり、USER オプションを省略することはできません。

  • PASSWORD: レプリケーションユーザーアカウントのパスワード。 パスワードは暗号化できませんが、クエリーログでマスクされます。

  • DEFAULT_AUTH: レプリケーションユーザーアカウントに使用される認証プラグインの名前。 このオプションを指定しない場合、MySQL ネイティブ認証 (mysql_native_password プラグイン) が想定されます。 このオプションはサーバーへのヒントとして機能し、分散リカバリのドナーは、そのサーバー上のユーザーアカウントに別のプラグインが関連付けられている場合、それをオーバーライドします。 MySQL 8 でユーザーアカウントを作成するときにデフォルトで使用される認証プラグインは、キャッシュ SHA-2 認証プラグイン (caching_sha2_password) です。 認証プラグインの詳細は、セクション6.2.17「プラガブル認証」 を参照してください。

これらの資格証明は、group_replication_recovery チャネルでの分散リカバリに使用されます。 START GROUP_REPLICATION でユーザー資格証明を指定すると、資格証明はメモリーにのみ保存され、STOP GROUP_REPLICATION ステートメントまたはサーバーの停止によって削除されます。 資格証明を再度指定するには、START GROUP_REPLICATION ステートメントを発行する必要があります。 したがって、この方法は、group_replication_start_on_boot システム変数で指定されているように、サーバー起動時に Group Replication を自動的に起動する方法とは互換性がありません。

START GROUP_REPLICATION で指定されたユーザー資格証明は、CHANGE REPLICATION SOURCE TO ステートメント (MySQL 8.0.23) または CHANGE MASTER TO ステートメント (MySQL 8.0.23 より前) を使用して group_replication_recovery チャネルに設定されたユーザー資格証明よりも優先されます。 これらのステートメントを使用して設定されたユーザー資格証明はレプリケーションメタデータリポジトリに格納され、group_replication_start_on_boot システム変数が ON に設定されている場合の自動起動など、ユーザー資格証明なしで START GROUP_REPLICATION が指定されている場合に使用されます。 START GROUP_REPLICATION でユーザー資格証明を指定するセキュリティ上の利点を得るには、セクション18.5.3「分散リカバリ接続の保護」 の手順に従って、group_replication_start_on_bootOFF (デフォルトは ON) に設定されていることを確認し、group_replication_recovery チャネルに以前に設定されたユーザー資格証明をクリアします。