Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

第 11 章 データ型

目次

11.1 数値データ型
11.1.1 数値データ型の構文
11.1.2 整数型 (真数値) - INTEGER、INT、SMALLINT、TINYINT、MEDIUMINT、BIGINT
11.1.3 固定小数点型 (真数値) - DECIMAL、NUMERIC
11.1.4 浮動小数点型 (概数値) - FLOAT、DOUBLE
11.1.5 ビット値型 - BIT
11.1.6 数値型の属性
11.1.7 範囲外およびオーバーフローの処理
11.2 日時データ型
11.2.1 日時データ型の構文
11.2.2 DATE、DATETIME、および TIMESTAMP 型
11.2.3 TIME 型
11.2.4 YEAR 型
11.2.5 TIMESTAMP および DATETIME の自動初期化および更新機能
11.2.6 時間値での小数秒
11.2.7 日付と時間型間での変換
11.2.8 日付の 2 桁の年
11.3 文字列データ型
11.3.1 文字列データ型の構文
11.3.2 CHAR および VARCHAR 型
11.3.3 BINARY および VARBINARY 型
11.3.4 BLOB 型と TEXT 型
11.3.5 ENUM 型
11.3.6 SET 型
11.4 空間データ型
11.4.1 空間データ型
11.4.2 OpenGIS ジオメトリモデル
11.4.3 サポートされる空間データ形式
11.4.4 ジオメトリの整形式と妥当性
11.4.5 空間参照システムのサポート
11.4.6 空間カラムの作成
11.4.7 空間カラムへのデータ移入
11.4.8 空間データのフェッチ
11.4.9 空間分析の最適化
11.4.10 空間インデックスの作成
11.4.11 空間インデックスの使用
11.5 JSON データ型
11.6 データ型デフォルト値
11.7 データ型のストレージ要件
11.8 カラムに適した型の選択
11.9 その他のデータベースエンジンのデータ型の使用

MySQL では、複数のカテゴリの SQL データ型がサポートされています: 数値型、日時型、文字列 (文字およびバイト) 型、空間型および JSON データ型。 この章では、各カテゴリのタイプのプロパティの概要と詳細、およびデータ型の記憶域要件の概要について説明します。 最初の概要は意図的に簡単です。 値を指定できる許容形式など、特定のデータ型に関する追加情報は、より詳細な説明を参照してください。

データ型の説明では、次の規則を使用しています。

  • 整数型の場合、M は最大表示幅を示します。 浮動小数点型と固定小数点型の場合、M は格納可能な桁数の合計 (精度) です。 文字列型の場合は、M は最大長です。 M の許可される最大値は、データ型によって異なります。

  • D は、浮動小数点型と固定小数点型に適用され、小数点以下の桁数 (スケール) を表します。 指定可能な最大値は 30 ですが、M−2 以下にしてください。

  • fsp は、TIMEDATETIME および TIMESTAMP タイプに適用され、小数秒精度、つまり秒の小数部の小数点以下の桁数を表します。 fsp 値を指定する場合、0 から 6 の範囲にする必要があります。 0 の値は、小数部がないことを表します。 省略した場合、デフォルトの精度は 0 です。 (これは、以前の MySQL バージョンと互換性を保つため、標準 SQL のデフォルトである 6 とは異なっています。)

  • 角カッコ ([および]) は、型定義のオプション部分を示します。