Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.7.7 SHOW ステートメント

13.7.7.1 SHOW BINARY LOGS ステートメント
13.7.7.2 SHOW BINLOG EVENTS ステートメント
13.7.7.3 SHOW CHARACTER SET ステートメント
13.7.7.4 SHOW COLLATION ステートメント
13.7.7.5 SHOW COLUMNS ステートメント
13.7.7.6 SHOW CREATE DATABASE ステートメント
13.7.7.7 SHOW CREATE EVENT ステートメント
13.7.7.8 SHOW CREATE FUNCTION ステートメント
13.7.7.9 SHOW CREATE PROCEDURE ステートメント
13.7.7.10 SHOW CREATE TABLE ステートメント
13.7.7.11 SHOW CREATE TRIGGER ステートメント
13.7.7.12 SHOW CREATE USER ステートメント
13.7.7.13 SHOW CREATE VIEW ステートメント
13.7.7.14 SHOW DATABASES ステートメント
13.7.7.15 SHOW ENGINE ステートメント
13.7.7.16 SHOW ENGINES ステートメント
13.7.7.17 SHOW ERRORS ステートメント
13.7.7.18 SHOW EVENTS ステートメント
13.7.7.19 SHOW FUNCTION CODE ステートメント
13.7.7.20 SHOW FUNCTION STATUS ステートメント
13.7.7.21 SHOW GRANTS ステートメント
13.7.7.22 SHOW INDEX ステートメント
13.7.7.23 SHOW MASTER STATUS ステートメント
13.7.7.24 SHOW OPEN TABLES ステートメント
13.7.7.25 SHOW PLUGINS ステートメント
13.7.7.26 SHOW PRIVILEGES ステートメント
13.7.7.27 SHOW PROCEDURE CODE ステートメント
13.7.7.28 SHOW PROCEDURE STATUS ステートメント
13.7.7.29 SHOW PROCESSLIST ステートメント
13.7.7.30 SHOW PROFILE ステートメント
13.7.7.31 SHOW PROFILES ステートメント
13.7.7.32 SHOW RELAYLOG EVENTS ステートメント
13.7.7.33 SHOW REPLICAS | SHOW SLAVE HOSTS ステートメント
13.7.7.34 SHOW SLAVE HOSTS | SHOW REPLICAS ステートメント
13.7.7.35 SHOW REPLICA | SLAVE STATUS ステートメント
13.7.7.36 SHOW SLAVE | REPLICA STATUS ステートメント
13.7.7.37 SHOW STATUS ステートメント
13.7.7.38 SHOW TABLE STATUS ステートメント
13.7.7.39 SHOW TABLES ステートメント
13.7.7.40 SHOW TRIGGERS ステートメント
13.7.7.41 SHOW VARIABLES ステートメント
13.7.7.42 SHOW WARNINGS ステートメント

SHOW には、データベース、テーブル、カラムに関する情報、またはサーバーに関するステータス情報を提供するための多くの形式があります。 このセクションでは、次のものについて説明します。

SHOW {BINARY | MASTER} LOGS
SHOW BINLOG EVENTS [IN 'log_name'] [FROM pos] [LIMIT [offset,] row_count]
SHOW CHARACTER SET [like_or_where]
SHOW COLLATION [like_or_where]
SHOW [FULL] COLUMNS FROM tbl_name [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW CREATE DATABASE db_name
SHOW CREATE EVENT event_name
SHOW CREATE FUNCTION func_name
SHOW CREATE PROCEDURE proc_name
SHOW CREATE TABLE tbl_name
SHOW CREATE TRIGGER trigger_name
SHOW CREATE VIEW view_name
SHOW DATABASES [like_or_where]
SHOW ENGINE engine_name {STATUS | MUTEX}
SHOW [STORAGE] ENGINES
SHOW ERRORS [LIMIT [offset,] row_count]
SHOW EVENTS
SHOW FUNCTION CODE func_name
SHOW FUNCTION STATUS [like_or_where]
SHOW GRANTS FOR user
SHOW INDEX FROM tbl_name [FROM db_name]
SHOW MASTER STATUS
SHOW OPEN TABLES [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW PLUGINS
SHOW PROCEDURE CODE proc_name
SHOW PROCEDURE STATUS [like_or_where]
SHOW PRIVILEGES
SHOW [FULL] PROCESSLIST
SHOW PROFILE [types] [FOR QUERY n] [OFFSET n] [LIMIT n]
SHOW PROFILES
SHOW RELAYLOG EVENTS [IN 'log_name'] [FROM pos] [LIMIT [offset,] row_count]
SHOW {REPLICAS | SLAVE HOSTS}
SHOW {REPLICA | SLAVE} STATUS [FOR CHANNEL channel]
SHOW [GLOBAL | SESSION] STATUS [like_or_where]
SHOW TABLE STATUS [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW [FULL] TABLES [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW TRIGGERS [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW [GLOBAL | SESSION] VARIABLES [like_or_where]
SHOW WARNINGS [LIMIT [offset,] row_count]

like_or_where: {
    LIKE 'pattern'
  | WHERE expr
}

特定の SHOW ステートメントの構文に LIKE 'pattern'部分が含まれている場合、'pattern'は SQL % および_ワイルドカード文字を含むことができる文字列です。 このパターンは、ステートメント出力を一致する値に制限するために役立ちます。

いくつかの SHOW ステートメントは、どの行を表示するかをより柔軟に指定できる WHERE 句も受け入れます。 セクション26.55「SHOW ステートメントの拡張」を参照してください。

多くの MySQL API (PHP など) では、SHOW ステートメントから返された結果を SELECT からの結果セットのように処理できます。詳細は、第29章「Connector および APIまたは API のドキュメントを参照してください。 さらに、SQL では、INFORMATION_SCHEMA データベース内のテーブルに対するクエリーからの結果を操作できます。これは、SHOW ステートメントからの結果では簡単にはできません。 第26章「INFORMATION_SCHEMA テーブルを参照してください。