Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

18.5.3 分散リカバリ接続の保護

メンバーがグループに参加すると、リモートクローニング操作 (使用可能で適切な場合) と非同期レプリケーション接続の組合せを使用して分散リカバリが実行されます。 分散リカバリの詳細は、セクション18.4.3「分散リカバリ」 を参照してください。

既存のメンバーが分散リカバリのために参加メンバーに提供する接続は、グループのオンラインメンバー間の通信にグループレプリケーションで使用される接続と同じではありません。 MySQL 8.0.20 まで、グループメンバーは、MySQL Server hostname および port システム変数で指定されている分散リカバリのためにメンバーを結合するための標準 SQL クライアント接続を提供します。 MySQL 8.0.21 から、グループメンバーは分散リカバリエンドポイントの代替リストをメンバー参加専用のクライアント接続として通知できます。 詳細は、セクション18.4.3.1「分散リカバリの接続」を参照してください。

グループ内の分散リカバリ接続を保護するには、レプリケーションユーザーのユーザー資格証明が適切に保護されていることを確認し、可能な場合は分散リカバリ接続に SSL を使用します。