Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ドキュメントストアとしての MySQL の使用

このページは機械翻訳したものです。

第 20 章 ドキュメントストアとしての MySQL の使用

この章では、MySQL をドキュメントストア (「NoSQL の使用」とも呼ばれる) として使用する別の方法について説明します。 従来の (SQL) 方法で MySQL を使用する場合、この章はおそらく関連がありません。

従来、MySQL などのリレーショナルデータベースでは、通常、ドキュメントを格納する前にスキーマを定義する必要がありました。 このセクションで説明する機能を使用すると、MySQL をドキュメントストアとして使用できます。ドキュメントストアはスキーマレスであるため、ドキュメントのスキーマ対応の記憶域システムです。 たとえば、製品を説明するドキュメントを作成する場合、ドキュメントを格納して操作する前に、製品の使用可能なすべての属性を把握して定義する必要はありません。 これは、製品をデータベースに追加する前にテーブルのすべてのカラムを認識して定義する必要がある場合に、リレーショナルデータベースでの作業およびテーブルへの製品の格納とは異なります。 この章で説明する機能を使用すると、MySQL の構成方法、ドキュメントストアモデルのみを使用する方法、またはドキュメントストアモデルの柔軟性とリレーショナルモデルの機能を組み合せる方法を選択できます。

MySQL をドキュメントストアとして使用するには、次のサーバー機能を使用します:

  • X プラグイン を使用すると、MySQL Server は、MySQL をドキュメントストアとして使用するための前提条件である X プロトコル を使用してクライアントと通信できます。X プラグイン は、MySQL 8.0 の時点で MySQL Server でデフォルトで有効になっています。 X プラグインのインストールを検証し、X プラグインを構成およびモニターする手順については、セクション20.5「X プラグイン」 を参照してください。

  • X プロトコル では、SASL を介した認証である CRUD 操作と SQL 操作の両方がサポートされており、コマンドのストリーミング (パイプライン) が可能であり、プロトコルおよびメッセージレイヤーで拡張可能です。 X プロトコル と互換性のあるクライアントには、MySQL Shell および MySQL 8.0 コネクタが含まれます。

  • X プロトコル を使用して MySQL Server と通信するクライアントは、X DevAPI を使用してアプリケーションを開発できます。X DevAPI は、確立された業界標準概念をサポートするシンプルで強力な設計を備えた最新のプログラミングインタフェースを提供します。 この章では、MySQL Shell で X DevAPI の JavaScript または Python 実装をクライアントとして使用する方法について説明します。 X DevAPI の使用に関する詳細なチュートリアルは、X DevAPI User Guide を参照してください。