Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.1.20.1 CREATE TABLE によって作成されるファイル

file-per-table テーブルスペースまたは一般テーブルスペースに作成された InnoDB テーブルの場合、テーブルデータおよび関連するインデックスは、データベースディレクトリの .ibd file に格納されます。 InnoDB テーブルがシステムテーブルスペースに作成されると、システムテーブルスペースを表す ibdata* files にテーブルデータおよびインデックスが格納されます。 innodb_file_per_table オプションは、デフォルトで file-per-table テーブルスペースと system テーブルスペースのどちらにテーブルを作成するかを制御します。 TABLESPACE オプションを使用すると、innodb_file_per_table の設定に関係なく、file-per-table テーブルスペース、一般テーブルスペースまたはシステムテーブルスペースにテーブルを配置できます。

MyISAM テーブルの場合は、ストレージエンジンがデータおよびインデックスファイルを作成します。 したがって、MyISAM テーブル tbl_name ごとに 2 つのディスクファイルがあります。

ファイル 目的
tbl_name.MYD データファイル
tbl_name.MYI インデックスファイル

第16章「代替ストレージエンジンでは、テーブルを表すために各ストレージエンジンがどのようなファイルを作成するかについて説明しています。 テーブル名に特殊文字が含まれている場合は、セクション9.2.4「識別子とファイル名のマッピング」で説明されているように、その文字のエンコードされたバージョンがテーブルファイルの名前に含まれます。