Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.7.4.6 UNINSTALL PLUGIN ステートメント

UNINSTALL PLUGIN plugin_name

このステートメントは、インストールされているサーバープラグインを削除します。 UNINSTALL PLUGIN は、INSTALL PLUGIN を補完したものです。 プラグインを登録するテーブルから行が削除されるため、mysql.plugin システムテーブルに対する DELETE 権限が必要です。

plugin_name は、mysql.plugin テーブルにリストされている何らかのプラグインの名前である必要があります。 サーバーはプラグイン初期化解除関数を実行し、プラグインの行を mysql.plugin システムテーブルから削除するため、その後のサーバーの再起動でプラグインがロードおよび初期化されることはありません。 UNINSTALL PLUGIN は、プラグイン共有ライブラリファイルを削除しません。

プラグインを使用しているテーブルが開いている場合は、そのプラグインをアンインストールできません。

プラグインの削除は、関連付けられたテーブルの使用に影響を与えます。 たとえば、全文パーサープラグインがテーブル上の FULLTEXT インデックスに関連付けられている場合は、そのプラグインをアンインストールするとそのテーブルが使用できなくなります。 そのテーブルにアクセスしようとすると、エラーが発生します。 そのテーブルを開くこともできないため、そのプラグインが使用されているインデックスを削除できません。 つまり、テーブルの内容が必要であるかぎり、プラグインのアンインストールは慎重に行う必要があります。 あとで再インストールする予定のないプラグインをアンインストールしており、テーブルの内容が必要である場合は、あとでそのテーブルをリロードできるように、そのテーブルを mysqldump でダンプし、ダンプされた CREATE TABLE ステートメントから WITH PARSER 句を削除するようにしてください。 テーブルの内容が必要でない場合は、そのテーブルに関連付けられたいずれかのプラグインがない場合でも DROP TABLE を使用できます。

プラグインのロードについての追加情報は、セクション5.6.1「プラグインのインストールおよびアンインストール」を参照してください。