Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.7.2.1 ALTER RESOURCE GROUP ステートメント

ALTER RESOURCE GROUP group_name
    [VCPU [=] vcpu_spec [, vcpu_spec] ...]
    [THREAD_PRIORITY [=] N]
    [ENABLE|DISABLE [FORCE]]

vcpu_spec: {N | M - N}

ALTER RESOURCE GROUP は、リソースグループの管理に使用されます (セクション5.1.16「リソースグループ」 を参照)。 このステートメントは、既存のリソースグループの変更可能な属性を変更します。 RESOURCE_GROUP_ADMIN 権限が必要です。

group_name は、変更するリソースグループを識別します。 グループが存在しない場合は、エラーが発生します。

CPU アフィニティ、優先度、およびグループが有効かどうかの属性は、ALTER RESOURCE GROUP で変更できます。 これらの属性は、CREATE RESOURCE GROUP の場合と同じ方法で指定します (セクション13.7.2.2「CREATE RESOURCE GROUP ステートメント」 を参照)。 指定された属性のみが変更されます。 未指定の属性は現在の値を保持します。

FORCE 修飾子は、DISABLE で使用されます。 リソースグループにスレッドが割り当てられている場合のステートメントの動作を決定します:

  • FORCE が指定されていない場合、グループ内の既存のスレッドは終了するまで実行され続けますが、新しいスレッドをグループに割り当てることはできません。

  • FORCE が指定されている場合、グループ内の既存のスレッドはそれぞれのデフォルトグループ (SYS_default へのシステムスレッド、USR_default へのユーザースレッド) に移動されます。

name および type 属性はグループの作成時に設定され、ALTER RESOURCE GROUP で変更することはできません。

例:

  • グループ CPU アフィニティを変更します:

    ALTER RESOURCE GROUP rg1 VCPU = 0-63;
  • グループスレッドの優先度を変更します:

    ALTER RESOURCE GROUP rg2 THREAD_PRIORITY = 5;
  • グループを無効にし、そのグループに割り当てられているスレッドをデフォルトグループに移動します:

    ALTER RESOURCE GROUP rg3 DISABLE FORCE;

リソースグループ管理は、リソースグループが発生したサーバーに対してローカルです。 ALTER RESOURCE GROUP ステートメントはバイナリログに書き込まれず、レプリケートされません。