Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.7.7.18 SHOW EVENTS ステートメント

SHOW EVENTS
    [{FROM | IN} schema_name]
    [LIKE 'pattern' | WHERE expr]

このステートメントは、セクション25.4「イベントスケジューラの使用」 で説明されているイベントマネージャイベントに関する情報を表示します。 これには、これらのイベントが示される元のデータベースに対する EVENT 権限が必要です。

SHOW EVENTS は、そのもっとも単純な形式では、現在のスキーマ内のすべてのイベントを一覧表示します。

mysql> SELECT CURRENT_USER(), SCHEMA();
+----------------+----------+
| CURRENT_USER() | SCHEMA() |
+----------------+----------+
| jon@ghidora    | myschema |
+----------------+----------+
1 row in set (0.00 sec)

mysql> SHOW EVENTS\G
*************************** 1. row ***************************
                  Db: myschema
                Name: e_daily
             Definer: jon@ghidora
           Time zone: SYSTEM
                Type: RECURRING
          Execute at: NULL
      Interval value: 1
      Interval field: DAY
              Starts: 2018-08-08 11:06:34
                Ends: NULL
              Status: ENABLED
          Originator: 1
character_set_client: utf8mb4
collation_connection: utf8mb4_0900_ai_ci
  Database Collation: utf8mb4_0900_ai_ci

特定のスキーマのイベントを表示するには、FROM 句を使用します。 たとえば、test スキーマのイベントを表示するには、次のステートメントを使用します。

SHOW EVENTS FROM test;

LIKE 句 (存在する場合) は、どのイベント名と照合するかを示します。 セクション26.55「SHOW ステートメントの拡張」で説明されているように、WHERE 句を指定すると、より一般的な条件を使用して行を選択できます。

SHOW EVENTS 出力には、次のカラムがあります:

  • Db

    イベントが属するスキーマ (データベース) の名前。

  • Name

    イベントの名前。

  • Definer

    イベントを作成したユーザーのアカウント ('user_name'@'host_name'形式)。

  • Time zone

    イベントのタイムゾーン。イベントのスケジュールに使用され、イベントの実行時にイベント内で有効なタイムゾーンです。 デフォルト値は SYSTEM です。

  • Type

    イベントの繰返しタイプ。ONE TIME (一時) または RECURRING (繰返し)。

  • Execute At

    ワンタイムイベントの場合、これは、イベントの作成に使用される CREATE EVENT ステートメントの AT 句、またはイベントを変更した最後の ALTER EVENT ステートメントで指定された DATETIME 値です。 このカラムに表示された値は、イベントの AT 句に含まれた、INTERVAL 値の加算または減算に影響します。 たとえば、イベントが ON SCHEDULE AT CURRENT_TIMESTAMP + '1:6' DAY_HOUR を使用して作成され、イベントが 2018-02-09 の 14:05:30 に作成された場合、カラムに表示される値は '2018-02-10 20:05:30' になります。 イベントのタイミングが AT 句ではなく EVERY 句で決定される場合 (つまり、イベントが繰り返しである場合)、このカラムの値は NULL になります。

  • Interval Value

    繰返しイベントの場合、イベント実行間で待機する間隔の数。 一時的なイベントの場合、このカラムの値は常に NULL です。

  • Interval Field

    繰返しイベントが繰り返される前に待機する間隔に使用される時間単位。 一時的なイベントの場合、このカラムの値は常に NULL です。

  • Starts

    繰返しイベントの開始日時。 これは DATETIME 値として表示され、このイベントの開始日付と開始時間が定義されていない場合は NULL です。 一時的なイベントの場合、このカラムは常に NULL です。 定義に STARTS 句が含まれる繰返しイベントの場合、このカラムには対応する DATETIME 値が含まれます。 Execute At カラムと同様に、この値は使用される式を解決します。 イベントのタイミングに影響する STARTS 句がない場合、このカラムは NULL です

  • Ends

    定義に ENDS 句が含まれる繰返しイベントの場合、このカラムには対応する DATETIME 値が含まれます。 Execute At カラムと同様に、この値は使用される式を解決します。 イベントのタイミングに影響する ENDS 句がない場合、このカラムは NULL です。

  • Status

    イベントステータス。 ENABLEDDISABLEDSLAVESIDE_DISABLED のいずれか。 SLAVESIDE_DISABLED は、イベントの作成が、レプリケーションソースとして機能する別の MySQL サーバーで発生し、レプリカとして機能している現在の MySQL サーバーにレプリケートされたが、そのイベントがレプリカで現在実行されていないことを示します。 詳細は、セクション17.5.1.16「呼び出される機能のレプリケーション」 の情報を参照してください。

  • Originator

    イベントが作成された MySQL サーバーのサーバー ID。レプリケーションで使用されます。 この値は、ソースサーバーで実行された場合、ALTER EVENT によって、そのステートメントが発生したサーバーのサーバー ID に更新されることがあります。 デフォルト値は 0 です。

  • character_set_client

    イベント作成時の character_set_client システム変数のセッション値。

  • collation_connection

    イベント作成時の collation_connection システム変数のセッション値。

  • Database Collation

    イベントが関連付けられているデータベースの照合。

SLAVESIDE_DISABLED および Originator カラムの詳細は、セクション17.5.1.16「呼び出される機能のレプリケーション」 を参照してください。

SHOW EVENTS によって表示される時間は、セクション25.4.4「イベントメタデータ」で説明されているように、このイベントのタイムゾーンで示されます。

イベント情報は、INFORMATION_SCHEMA EVENTS テーブルからも入手できます。 セクション26.14「INFORMATION_SCHEMA EVENTS テーブル」を参照してください。

イベントのアクションステートメントは、SHOW EVENTS の出力には表示されません。 SHOW CREATE EVENT または INFORMATION_SCHEMA EVENTS テーブルを使用します。