Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  グループレプリケーション

このページは機械翻訳したものです。

第 18 章 グループレプリケーション

目次

18.1 グループレプリケーションのバックグラウンド
18.1.1 レプリケーションテクノロジ
18.1.2 グループレプリケーションのユースケース
18.1.3 マルチプライマリモードとシングルプライマリモード
18.1.4 グループレプリケーションサービス
18.1.5 グループレプリケーションプラグインのアーキテクチャ
18.2 はじめに
18.2.1 単一プライマリモードでのグループレプリケーションのデプロイ
18.2.2 グループレプリケーションのローカルでのデプロイ
18.3 グループレプリケーションの監視
18.3.1 グループレプリケーションサーバーの状態
18.3.2 replication_group_members テーブル
18.3.3 replication_group_member_stats テーブル
18.4 グループレプリケーション操作
18.4.1 オンライングループの構成
18.4.2 トランザクション一貫性保証
18.4.3 分散リカバリ
18.4.4 ネットワークパーティション化
18.4.5 IPv6 および IPv6 と IPv4 の混合グループのサポート
18.4.6 グループレプリケーションでの MySQL Enterprise Backup の使用
18.5 グループレプリケーションセキュリティ
18.5.1 グループレプリケーション IP アドレスの権限
18.5.2 Secure Socket Layer (SSL) を使用したグループ通信接続の保護
18.5.3 分散リカバリ接続の保護
18.6 グループレプリケーションのパフォーマンス
18.6.1 グループ通信スレッドの微調整
18.6.2 フロー制御
18.6.3 メッセージ圧縮
18.6.4 メッセージの断片化
18.6.5 XCom キャッシュ管理
18.6.6 障害検出およびネットワークパーティション化へのレスポンス
18.7 グループレプリケーションのアップグレード
18.7.1 グループ内の異なるメンバーバージョンの組合せ
18.7.2 グループレプリケーションのオフラインアップグレード
18.7.3 グループレプリケーションのオンラインアップグレード
18.8 グループレプリケーションシステム変数
18.9 要件と制限事項
18.9.1 グループレプリケーションの要件
18.9.2 グループレプリケーションの制限事項
18.10 よくある質問

この章では、MySQL Group Replication と、グループをインストール、構成および監視する方法について説明します。 MySQL Group Replication を使用すると、柔軟で可用性の高いフォルトトレラントレプリケーショントポロジを作成できます。

グループは、一度に 1 つのサーバーのみが更新を受け入れる自動プライマリ選択を使用して、単一プライマリモードで動作できます。 または、グループをマルチプライマリモードでデプロイすることもできます。このモードでは、更新が同時に発行されても、すべてのサーバーが更新を受け入れることができます。

グループのビューの一貫性を保ち、任意の時点ですべてのサーバーで使用できるようにする組込みグループメンバーシップサービスがあります。 サーバーはグループから退出して参加でき、それに応じてビューが更新されます。 サーバーが予期せずにグループから離れる場合があります。その場合、障害検出メカニズムはこれを検出し、ビューが変更されたことをグループに通知します。 これはすべて自動です。

Group Replication は、データベースサービスが継続的に使用可能であることを保証します。 ただし、いずれかのグループメンバーが使用できなくなった場合、コネクタ、ロードバランサ、ルーターまたはなんらかの形式のミドルウェアを使用して、そのグループメンバーに接続されているクライアントをグループ内の別のサーバーにリダイレクトまたはフェイルオーバーする必要があることを理解することが重要です。 グループレプリケーションには、これを行う組込みの方法はありません。 たとえば、MySQL Router 8.0 を参照してください。

Group Replication は、MySQL Server へのプラグインとして提供されます。 この章の手順に従って、グループに含める各サーバーインスタンスでプラグインを構成し、グループを起動し、グループをモニターおよび管理できます。 MySQL サーバーインスタンスのグループをデプロイする別の方法は、InnoDB クラスタ を使用することです。

ヒント

MySQL の複数のインスタンスをデプロイするには、MySQL Shell で MySQL サーバーインスタンスのグループを簡単に管理できるようにする InnoDB クラスタ を使用できます。InnoDB クラスタ は MySQL Group Replication をプログラム環境でラップするため、MySQL インスタンスのクラスタを簡単にデプロイして高可用性を実現できます。 また、InnoDB クラスタ は MySQL Router とシームレスにインタフェースするため、アプリケーションは独自のフェイルオーバープロセスを記述せずにクラスタに接続できます。 ただし、高可用性を必要としない同様のユースケースでは、InnoDB ReplicaSet を使用できます。 MySQL Shell のインストール手順は、here にあります。

この章の構成は次のとおりです: