Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.7.8.6 RESET ステートメント

RESET reset_option [, reset_option] ...

reset_option: {
    MASTER
  | REPLICA
  | SLAVE
}

RESET ステートメントは、さまざまなサーバー操作の状態をクリアするために使用されます。 RESET を実行するには、RELOAD 権限が必要です。

永続的なグローバルシステム変数を削除する RESET PERSIST ステートメントの詳細は、セクション13.7.8.7「RESET PERSIST ステートメント」 を参照してください。

RESET は、FLUSH ステートメントのより強力なバージョンとして機能します。 セクション13.7.8.3「FLUSH ステートメント」を参照してください。

RESET ステートメントは暗黙的なコミットを発生させます。 セクション13.3.3「暗黙的なコミットを発生させるステートメント」を参照してください。

次のリストに、許可される RESET ステートメントの reset_option 値を示します:

  • RESET MASTER

    インデックスファイルにリストされているすべてのバイナリログを削除し、バイナリログインデックスファイルを空にリセットして、新しいバイナリログファイルを作成します。

  • RESET REPLICA | SLAVE

    レプリカがソースバイナリログ内のレプリケーション位置を忘れられるようにします。 また、既存のリレーログファイルをすべて削除し、新しいリレーログファイルを開始することによってリレーログもリセットします。 MySQL 8.0.22 の RESET SLAVE のかわりに RESET REPLICA を使用します。