Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.4.2.8 START SLAVE | REPLICA ステートメント

START {SLAVE | REPLICA} [thread_types] [until_option] [connection_options] [channel_option]

thread_types:
    [thread_type [, thread_type] ... ]

thread_type:
    IO_THREAD | SQL_THREAD

until_option:
    UNTIL {   {SQL_BEFORE_GTIDS | SQL_AFTER_GTIDS} = gtid_set
          |   MASTER_LOG_FILE = 'log_name', MASTER_LOG_POS = log_pos
          |   SOURCE_LOG_FILE = 'log_name', SOURCE_LOG_POS = log_pos
          |   RELAY_LOG_FILE = 'log_name', RELAY_LOG_POS = log_pos
          |   SQL_AFTER_MTS_GAPS  }

connection_options:
    [USER='user_name'] [PASSWORD='user_pass'] [DEFAULT_AUTH='plugin_name'] [PLUGIN_DIR='plugin_dir']


channel_option:
    FOR CHANNEL channel

gtid_set:
    uuid_set [, uuid_set] ...
    | ''

uuid_set:
    uuid:interval[:interval]...

uuid:
    hhhhhhhh-hhhh-hhhh-hhhh-hhhhhhhhhhhh

h:
    [0-9,A-F]

interval:
    n[-n]

    (n >= 1)

レプリケーションスレッドを起動します。 MySQL 8.0.22 からは、START SLAVE は非推奨であり、かわりにエイリアス START REPLICA を使用する必要があります。 ステートメントは以前と同様に機能し、ステートメントおよびその出力に使用される用語のみが変更されています。 どちらのバージョンのステートメントも、使用時に同じステータス変数を更新します。 ステートメントの説明は、START REPLICA のドキュメントを参照してください。