Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  バックアップとリカバリ

このページは機械翻訳したものです。

第 7 章 バックアップとリカバリ

システムクラッシュ、ハードウェアの障害、またはユーザーが誤ってデータを削除するなどの問題が発生した場合に、データをリカバリし、再度起動して、実行できるように、データベースをバックアップすることが重要です。 バックアップは、MySQL インストールをアップグレードする前の保護手段としても不可欠であり、MySQL インストールを別のシステムに転送したり、レプリカサーバーを設定するために使用できます。

MySQL では、多様なバックアップ戦略を提供しており、それらからインストールの要件にもっとも適合する方法を選択できます。 この章では、熟知しておくべきであるいくつかのバックアップとリカバリのトピックについて説明します。

  • バックアップの種類: 論理と物理、完全と増分など。

  • バックアップの作成の方法。

  • ポイントインタイムリカバリを含むリカバリ方法。

  • バックアップのスケジューリング、圧縮、および暗号化。

  • 破損したテーブルのリカバリを可能にするためのテーブルの保守。

追加のリソース

バックアップまたはデータの可用性の維持に関連するリソースには次のものが含まれます。

  • MySQL Enterprise Edition の顧客は、MySQL Enterprise Backup 製品をバックアップに使用できます。 MySQL Enterprise Backup 製品の概要については、セクション30.2「MySQL Enterprise Backup の概要」を参照してください。

  • バックアップの問題に特化したフォーラムは https://forums.mysql.com/list.php?28 にあります。

  • mysqldump の詳細は、第4章「MySQL プログラム にあります。

  • ここで説明している SQL ステートメントの構文は、第13章「SQL ステートメントにあります。

  • InnoDB バックアップ手順の追加情報については、セクション15.18.1「InnoDB バックアップ」を参照してください。

  • レプリケーションにより、複数のサーバーで同一のデータを保持できます。 これには、サーバー間でのクライアントクエリーロードの分散の有効化、特定のサーバーがオフライン化または障害が発生した場合でものデータの可用性、レプリカを使用してソースに影響を与えずにバックアップを作成する機能など、いくつかの利点があります。 第17章「レプリケーションを参照してください。

  • MySQL InnoDB クラスタ は、連携して高可用性ソリューションを提供する製品の集合です。 MySQL サーバーのグループは、MySQL Shell を使用してクラスタを作成するように構成できます。 サーバーのクラスタにはプライマリと呼ばれる単一のソースがあり、読取り/書込みソースとして機能します。 複数のセカンダリサーバーがソースの複製です。 高可用性クラスタを作成するには、少なくとも 3 つのサーバーが必要です。 クライアントアプリケーションは、MySQL Router を介してプライマリに接続されます。 プライマリに障害が発生すると、セカンダリはプライマリのロールに自動的に昇格され、MySQL Router はリクエストを新しいプライマリにルーティングします。

  • NDB Cluster は、分散コンピューティング環境に適合した高可用性高冗長性バージョンの MySQL を提供します。 MySQL NDB Cluster 8.0 に関する情報を提供する 第23章「MySQL NDB Cluster 8.0 を参照してください。