Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.4.3.4 グループレプリケーションモードを構成する関数

次の関数を使用すると、レプリケーショングループが実行されているモード (単一プライマリモードまたはマルチプライマリモード) を制御できます。

  • group_replication_switch_to_single_primary_mode()

    グループレプリケーションを停止せずに、マルチプライマリモードで実行されているグループを単一プライマリモードに変更します。 マルチプライマリモードで実行されているレプリケーショングループのメンバーに対して発行する必要があります。 シングルプライマリモードに変更すると、シングルプライマリモード (group_replication_enforce_update_everywhere_checks=OFF) での必要に応じて、すべてのグループメンバーで厳密な整合性チェックも無効になります。

    構文:

    STRING group_replication_switch_to_single_primary_mode([str])

    引数:

    • str: 新しい単一のプライマリになるグループのメンバーの UUID を含む文字列。 グループの他のメンバーはセカンダリになります。

    戻り値:

    成功したかどうかなど、操作の結果を含む文字列。

    例:

    SELECT group_replication_switch_to_single_primary_mode(member_uuid);

    詳細は、セクション18.4.1.2「グループモードの変更」を参照してください

  • group_replication_switch_to_multi_primary_mode()

    シングルプライマリモードで実行されているグループをマルチプライマリモードに変更します。 単一プライマリモードで実行されているレプリケーショングループのメンバーに対して発行する必要があります。

    構文:

    STRING group_replication_switch_to_multi_primary_mode()

    この関数にはパラメータがありません。

    戻り値:

    成功したかどうかなど、操作の結果を含む文字列。

    例:

    SELECT group_replication_switch_to_multi_primary_mode()

    グループに属するすべてのメンバーがプライマリになります。

    詳細は、セクション18.4.1.2「グループモードの変更」を参照してください