Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

13.4.3.5 グループの最大コンセンサスインスタンスを検査および構成する関数

次の機能を使用すると、グループがパラレルに実行できるコンセンサスインスタンスの最大数を検査および構成できます。

  • group_replication_get_write_concurrency()

    グループがパラレルに実行できるコンセンサスインスタンスの最大数を確認します。

    構文:

    INT group_replication_get_write_concurrency()

    この関数にはパラメータがありません。

    戻り値:

    グループに現在設定されているコンセンサスインスタンスの最大数。

    例:

    SELECT group_replication_get_write_concurrency()

    詳細は、セクション18.4.1.3「グループレプリケーショングループ書込みコンセンサスの使用」を参照してください。

  • group_replication_set_write_concurrency()

    グループがパラレルに実行できるコンセンサスインスタンスの最大数を構成します。 この UDF を使用するには、GROUP_REPLICATION_ADMIN 権限が必要です。

    構文:

    STRING group_replication_set_write_concurrency(instances)

    引数:

    • members: グループがパラレルに実行できるコンセンサスインスタンスの最大数を設定します。 デフォルト値は 10 で、有効な値は 10 から 200 の範囲の整数です。

    戻り値:

    文字列としての結果のエラー。

    例:

    SELECT group_replication_set_write_concurrency(instances);

    詳細は、セクション18.4.1.3「グループレプリケーショングループ書込みコンセンサスの使用」を参照してください。