Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  InnoDB ストレージエンジン

このページは機械翻訳したものです。

第 15 章 InnoDB ストレージエンジン

目次

15.1 InnoDB 入門
15.1.1 InnoDB テーブルを使用する利点
15.1.2 InnoDB テーブルのベストプラクティス
15.1.3 InnoDB がデフォルトのストレージエンジンであるかどうかの確認
15.1.4 InnoDB を使用したテストおよびベンチマーク
15.2 InnoDB および ACID モデル
15.3 InnoDB マルチバージョン
15.4 InnoDB のアーキテクチャ
15.5 InnoDB インメモリー構造
15.5.1 バッファプール
15.5.2 変更バッファ
15.5.3 適応型ハッシュインデックス
15.5.4 ログバッファ
15.6 InnoDB オンディスク構造
15.6.1 テーブル
15.6.2 インデックス
15.6.3 テーブルスペース
15.6.4 二重書き込みバッファー
15.6.5 redo ログ
15.6.6 undo ログ
15.7 InnoDB のロックおよびトランザクションモデル
15.7.1 InnoDB ロック
15.7.2 InnoDB トランザクションモデル
15.7.3 InnoDB のさまざまな SQL ステートメントで設定されたロック
15.7.4 ファントム行
15.7.5 InnoDB のデッドロック
15.7.6 トランザクションスケジューリング
15.8 InnoDB の構成
15.8.1 InnoDB の起動構成
15.8.2 読み取り専用操作用の InnoDB の構成
15.8.3 InnoDB バッファープールの構成
15.8.4 InnoDB のスレッド並列性の構成
15.8.5 InnoDB バックグラウンド I/O スレッドの数の構成
15.8.6 Linux での非同期 I/O の使用
15.8.7 InnoDB I/O Capacity の構成
15.8.8 スピンロックのポーリングの構成
15.8.9 パージ構成
15.8.10 InnoDB のオプティマイザ統計の構成
15.8.11 インデックスページのマージしきい値の構成
15.8.12 専用 MySQL Server の自動構成の有効化
15.9 InnoDB のテーブルおよびページの圧縮
15.9.1 InnoDB テーブルの圧縮
15.9.2 InnoDB ページ圧縮
15.10 InnoDB の行フォーマット
15.11 InnoDB のディスク I/O とファイル領域管理
15.11.1 InnoDB ディスク I/O
15.11.2 ファイル領域管理
15.11.3 InnoDB チェックポイント
15.11.4 テーブルのデフラグ
15.11.5 TRUNCATE TABLE によるディスク領域の再利用
15.12 InnoDB とオンライン DDL
15.12.1 オンライン DDL 操作
15.12.2 オンライン DDL のパフォーマンスと同時実行性
15.12.3 オンライン DDL 領域の要件
15.12.4 オンライン DDL を使用した DDL ステートメントの簡略化
15.12.5 オンライン DDL 失敗条件
15.12.6 オンライン DDL の制限事項
15.13 InnoDB 保存データ暗号化
15.14 InnoDB の起動オプションおよびシステム変数
15.15 InnoDB INFORMATION_SCHEMA テーブル
15.15.1 圧縮に関する InnoDB INFORMATION_SCHEMA テーブル
15.15.2 InnoDB INFORMATION_SCHEMA トランザクションおよびロック情報
15.15.3 InnoDB INFORMATION_SCHEMA スキーマオブジェクトテーブル
15.15.4 InnoDB INFORMATION_SCHEMA FULLTEXT インデックステーブル
15.15.5 InnoDB INFORMATION_SCHEMA バッファープールテーブル
15.15.6 InnoDB INFORMATION_SCHEMA メトリックテーブル
15.15.7 InnoDB INFORMATION_SCHEMA 一時テーブル情報テーブル
15.15.8 INFORMATION_SCHEMA.FILES からの InnoDB テーブルスペースメタデータの取得
15.16 InnoDB の MySQL パフォーマンススキーマとの統合
15.16.1 パフォーマンススキーマを使用した InnoDB テーブルの ALTER TABLE の進行状況のモニタリング
15.16.2 パフォーマンススキーマを使用した InnoDB Mutex 待機のモニタリング
15.17 InnoDB モニター
15.17.1 InnoDB モニターのタイプ
15.17.2 InnoDB モニターの有効化
15.17.3 InnoDB 標準モニターおよびロックモニターの出力
15.18 InnoDB のバックアップとリカバリ
15.18.1 InnoDB バックアップ
15.18.2 InnoDB のリカバリ
15.19 InnoDB と MySQL レプリケーション
15.20 InnoDB memcached プラグイン
15.20.1 InnoDB memcached プラグインの利点
15.20.2 InnoDB memcached のアーキテクチャー
15.20.3 InnoDB memcached プラグインの設定
15.20.4 InnoDB memcached の複数の get および Range クエリーのサポート
15.20.5 InnoDB memcached プラグインのセキュリティーに関する考慮事項
15.20.6 InnoDB memcached プラグイン用のアプリケーションの記述
15.20.7 InnoDB memcached プラグインとレプリケーション
15.20.8 InnoDB memcached プラグインの内部
15.20.9 InnoDB memcached プラグインのトラブルシューティング
15.21 InnoDB のトラブルシューティング
15.21.1 InnoDB の I/O に関する問題のトラブルシューティング
15.21.2 InnoDB のリカバリの強制的な実行
15.21.3 InnoDB データディクショナリの操作のトラブルシューティング
15.21.4 InnoDB のエラー処理
15.22 InnoDB の制限
15.23 InnoDB の制限および制限事項