MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  序文と法的通知

このページは機械翻訳したものです。

序文と法的通知

これは、MySQL Database System バージョン 8.0 (リリース 8.0.26 まで) のリファレンスマニュアルです。 MySQL 8.0 のマイナーバージョン間での相違点は、リリース番号 (8.0.x) に関連した現在のテキストに記されます。 ライセンス情報については、法的通知を参照してください。

MySQL 8.0 と以前のバージョンとの間に機能などの多くの相違点があるため、このマニュアルは MySQL ソフトウェアの古いバージョンで用することは想定されていません。 MySQL ソフトウェアの以前のリリースを使用している場合は、該当するマニュアルを参照してください。 たとえば、MySQL 5.7 リファレンスマニュアルには、5.7 シリーズの MySQL ソフトウェアリリースが取り上げられています。

information-MySQL 8.0 のライセンス.  この製品には、ライセンスのもとで使用されるサードパーティ製ソフトウェアが含まれる場合があります。 コマーシャルリリースの MySQL 8.0 を使用している場合、「MySQL 8.0 コマーシャルリリース ライセンス情報ユーザーマニュアル」でライセンス情報 (このコマーシャルリリースに含まれる可能性があるサードパーティソフトウェアに関連するライセンス情報など) を参照してください。 MySQL 8.0 のコミュニティリリースを使用している場合、「MySQL 8.0 コミュニティリリース ライセンス情報ユーザーマニュアル」でライセンス情報 (この Community リリースに含まれる可能性のあるサードパーティソフトウェアに関連するライセンス情報など) を確認してください。

information-MySQL NDB Cluster 8.0 のライセンス.  MySQL NDB Cluster 8.0 のコミュニティリリースを使用している場合は、この Community リリースに含まれている可能性のあるサードパーティー製ソフトウェアに関連するライセンス情報など、ライセンス情報について「MySQL NDB Cluster 8.0 コミュニティーリリース ライセンス情報ユーザーマニュアル」を参照してください。

法律上の注意点

Copyright © 1997, 2021, Oracle and/or its affiliates.

このソフトウェアおよび関連ドキュメントの使用と開示は、ライセンス契約の制約条件に従うものとし、知的財産に関する法律により保護されています。 ライセンス契約で明示的に許諾されている場合もしくは法律によって認められている場合を除き、形式、手段に関係なく、いかなる部分も使用、複写、複製、翻訳、放送、修正、ライセンス供与、送信、配布、発表、実行、公開または表示することはできません。 このソフトウェアのリバース・エンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイルは互換性のために法律によって規定されている場合を除き、禁止されています。

ここに記載された情報は予告なしに変更される場合があります。また、誤りが無いことの保証はいたしかねます。 誤りを見つけた場合は、オラクルまでご連絡ください。

このソフトウェアまたは関連ドキュメントが米国政府機関もしくは米国政府機関に代わってこのソフトウェアまたは関連ドキュメントをライセンスされた者に提供される場合は、次の通知が適用されます:

U.S. GOVERNMENT END USERS: Oracle プログラム (オペレーティングシステム、統合ソフトウェア、提供されたハードウェアに埋め込まれたプログラム、インストールまたはアクティブ化されたプログラム、およびそのようなプログラムの変更を含む) および Oracle コンピュータのドキュメント、あるいは米国政府機関のエンドユーザーが配信またはアクセスするその他の Oracle データは、該当する連邦政府調達規約および政府機関固有の補足規約に従う商用コンピュータソフトウェアまたは商用コンピュータソフトウェアのドキュメントです。 そのため、使用、複製、複製、リリース、表示、開示、変更、デリバティブ作業の準備、i) Oracle プログラム (オペレーティングシステム、統合ソフトウェア、提供されたハードウェアに埋め込まれたプログラム、インストールまたはアクティブ化されたプログラム、およびそのようなプログラムの変更を含む)、ii) Oracle コンピュータのドキュメントや iii) その他の Oracle データは、該当する契約に含まれているライセンスに指定されている権利および制限の対象となります。 Oracle クラウドサービスの米国政府の使用を管理する用語は、このようなサービスに適用可能な契約によって定義されます。 その他の権限は米国政府には付与されません。

このソフトウェアまたはハードウェアは、さまざまな情報管理アプリケーションで一般的に使用するために開発されています。 個人傷害のリスクを引き起こす可能性のあるアプリケーションなど、本質的に危険なアプリケーションでの使用を目的とした開発や使用は行われません。 このソフトウェアまたはハードウェアを危険が伴うアプリケーションで使用する場合は、安全に使用するために、適切なフェイルセーフ、バックアップ、冗長性などの対策を講じる必要があります。 Oracle Corporation およびその関連企業は、このソフトウェアまたはハードウェアを危険なアプリケーションで使用することによって生じる損害に対する責任を免責します。

Oracle および Java は、Oracle およびその関連企業の登録商標です。 その他の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

Intel および Intel Inside は、Intel Corporation の商標または登録商標です。 すべての SPARC の商標はライセンスをもとに使用し、SPARC International, Inc. の商標または登録商標です。AMD、Epyc および AMD ロゴは、Advanced Micro Devices の商標または登録商標です。 UNIX は、The Open Group の登録商標です。

このソフトウェアまたはハードウェアとドキュメントは、サードパーティのコンテンツ、製品およびサービスへのアクセス、あるいはそれらに関する情報を提供する場合があります。 Oracle Corporation およびその関連企業は、ユーザーと Oracle の間で適切な契約に特に記載されていないかぎり、サードパーティのコンテンツ、製品およびサービスに関するあらゆる種類の保証を責任を負い、明示的に免責するものではありません。 Oracle Corporation およびその関連企業は、サードパーティコンテンツ、製品またはサービスへのアクセスまたは使用によって発生した損失、コストまたは損害について責任を負いません。ただし、ユーザーと Oracle 間の適用可能な契約で規定されている場合を除きます。

このドキュメントは、GPL ライセンスに基づき配布されるものではありません。 このドキュメントの使用は、次の条項に従います。

個人的な使用にかぎり、このドキュメントの出力コピーを作成できます。 実際のコンテンツをいっさい変更したり編集したりしないかぎり、ほかの形式に変換することは許可されています。 このドキュメントはいかなる形態またはいかなるメディアであっても公開または配布されないものとします。ただし、ドキュメントが同じメディアでソフトウェアと一緒に配布されるという条件で、Oracle がこのドキュメントを配布する方法と類似した方法で (すなわち、このソフトウェアを掲載する Web サイトから電子的にダウンロードする場合)、または CD-ROM や類似のメディアでドキュメントを配布する場合を除きます。 出力コピーを配布するなど、ほかの形式で使用したり、別の出版物でこのドキュメントの全部または一部を使用したりする場合は、権限を有するOracle の代表者から事前の書面による同意を得る必要があります。 Oracle およびその関連会社は、上記で特に認められている場合を除き、このドキュメントに対するあらゆる権利を保有します。

ドキュメントのアクセシビリティについて

アクセシビリティに対する Oracle のコミットメントの詳細は、https://www.oracle.com/corporate/accessibility/ の Oracle Accessibility Program の web サイトを参照してください。

Oracle Support へのアクセス

サポートを購入した Oracle のお客様は、My Oracle Support を介して電子サポートにアクセスできます。 詳細は、https://www.oracle.com/corporate/accessibility/learning-support.html#support-tab を参照してください。