Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

23.1.7.8 NDB Cluster 専用の問題

NDB ストレージエンジンに固有の制限は次のとおりです:

  • マシンアーキテクチャー.  クラスタ内で使用されるすべてのマシンが同じアーキテクチャーである必要があります。 つまり、ノードをホストするすべてのマシンがビッグエンディアンまたはリトルエンディアンのどちらかである必要があり、両者を組み合わせて使用することはできません。 たとえば、PowerPC で実行されている管理ノードから x86 マシンで実行されているデータノードに指示することはできません。 この制限は、単に mysql を実行しているマシンや、クラスタ SQL ノードにアクセスしている可能性のあるその他のクライアントには適用されません。

  • バイナリロギング.  NDB Cluster には、バイナリロギングに関して次の制限事項があります:

    • sql_log_bin は、データ操作では効果がありませんが、スキーマ操作ではサポートされます。

    • NDB Cluster は、BLOB カラムを持つが主キーを持たないテーブルのバイナリログを生成できません。

    • ステートメントを実行する mysqld に配置されていないクラスタバイナリログには、次のスキーマ操作だけが記録されます。

      • CREATE TABLE

      • ALTER TABLE

      • DROP TABLE

      • CREATE DATABASE / CREATE SCHEMA

      • DROP DATABASE / DROP SCHEMA

      • CREATE TABLESPACE

      • ALTER TABLESPACE

      • DROP TABLESPACE

      • CREATE LOGFILE GROUP

      • ALTER LOGFILE GROUP

      • DROP LOGFILE GROUP

  • スキーマ操作.  スキーマ操作 (DDL ステートメント) は、データノードの再起動中に拒否されます。 オンラインアップグレードまたはダウングレードの実行中は、スキーマ操作もサポートされません。

  • フラグメントレプリカの数.  NoOfReplicas データノード構成パラメータによって決定されるフラグメントレプリカの数は、NDB Cluster によって格納されるすべてのデータのコピーの数です。 このパラメータを 1 に設定すると、単一のコピーのみが存在することを意味します。この場合、冗長性は提供されず、データノードの損失にはデータの損失が伴います。 冗長性を保証し、データノードに障害が発生した場合でもデータを保持するには、このパラメータを 2 に設定します。これは、本番でのデフォルト値および推奨値です。

    NoOfReplicas を 2 より大きい値 (最大 4) に設定することはサポートされていますが、データ損失から保護する必要はありません。

セクション23.1.7.10「複数の NDB Cluster ノードに関する制限事項」も参照してください。