Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.5.25 SHOW OPEN TABLES 構文

SHOW OPEN TABLES [{FROM | IN} db_name]
    [LIKE 'pattern' | WHERE expr]

SHOW OPEN TABLES は、現在テーブルキャッシュ内で開いている TEMPORARY 以外のテーブルを一覧表示します。セクション8.4.3.1「MySQL でのテーブルのオープンとクローズの方法」を参照してください。FROM 句 (存在する場合) は、表示されるテーブルを db_name データベース内に存在するテーブルに制限します。LIKE 句 (存在する場合) は、どのテーブル名と照合するかを示します。セクション21.32「SHOW ステートメントの拡張」で説明されているように、WHERE 句を指定すると、より一般的な条件を使用して行を選択できます。

SHOW OPEN TABLES の出力には、次のカラムがあります。

  • Database

    このテーブルを含むデータベース。

  • Table

    テーブル名。

  • In_use

    このテーブルのために存在するテーブルロックまたはロック要求の数。たとえば、あるクライアントが LOCK TABLE t1 WRITE を使用してテーブルに対するロックを取得した場合、In_use は 1 になります。このテーブルがロックされたままになっている間に別のクライアントが LOCK TABLE t1 WRITE を発行した場合、このクライアントはロックを待機してブロックされますが、このロック要求が In_use を 2 にします。このカウントが 0 の場合、このテーブルは開いていますが、現在使用されていません。In_use はまた、HANDLER ... OPEN ステートメントによって増加し、HANDLER ... CLOSE ステートメントによって減少します。

  • Name_locked

    テーブル名がロックされているかどうか。名前のロックは、テーブルの削除や名前の変更などの操作に使用されます。

テーブルに対する権限を持っていない場合、そのテーブルは SHOW OPEN TABLES の出力に表示されません。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.