Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.5.40 SHOW VARIABLES 構文

SHOW [GLOBAL | SESSION] VARIABLES
    [LIKE 'pattern' | WHERE expr]

SHOW VARIABLES は、MySQL システム変数の値を表示します。この情報はまた、mysqladmin variables コマンドを使用して取得することもできます。LIKE 句 (存在する場合) は、どの変数名と照合するかを示します。セクション21.32「SHOW ステートメントの拡張」で説明されているように、WHERE 句を指定すると、より一般的な条件を使用して行を選択できます。このステートメントにはどの権限も必要ありません。これには、サーバーに接続できることのみが必要です。

GLOBAL 修飾子を指定すると、SHOW VARIABLES は、MySQL への新しい接続に使用される値を表示します。MySQL 5.6 では、変数にグローバル値がない場合、値は表示されません。SESSION を指定すると、SHOW VARIABLES は、現在の接続に有効な値を表示します。修飾子が存在しない場合、デフォルトは SESSION です。LOCALSESSION のシノニムです。

SHOW VARIABLES は、バージョンに依存する表示幅の制限に従います。完全には表示されない非常に長い値を持つ変数の場合、回避策として SELECT を使用します。例:

SELECT @@GLOBAL.innodb_data_file_path;

デフォルトのシステム変数値が適切でない場合は、mysqld の起動時にコマンドオプションを使用して設定できるほか、そのほとんどは SET ステートメントで実行時に変更できます。セクション5.1.5「システム変数の使用」およびセクション13.7.4「SET 構文」を参照してください。

部分的な出力を次に示します。名前と値のリストが、実際のサーバーでは異なることがあります。セクション5.1.4「サーバーシステム変数」では、各変数の意味について説明しています。また、セクション8.11.2「サーバーパラメータのチューニング」には、そのチューニングに関する情報が示されています。

mysql> SHOW VARIABLES;
+-----------------------------------------+---------------------------+
| Variable_name                           | Value                     |
+-----------------------------------------+---------------------------+
| auto_increment_increment                | 1                         |
| auto_increment_offset                   | 1                         |
| autocommit                              | ON                        |
| automatic_sp_privileges                 | ON                        |
| back_log                                | 50                        |
| basedir                                 | /home/jon/bin/mysql-5.5   |
| big_tables                              | OFF                       |
| binlog_cache_size                       | 32768                     |
| binlog_direct_non_transactional_updates | OFF                       |
| binlog_format                           | STATEMENT                 |
| binlog_stmt_cache_size                  | 32768                     |
| bulk_insert_buffer_size                 | 8388608                   |
...
| max_allowed_packet                      | 1048576                   |
| max_binlog_cache_size                   | 18446744073709547520      |
| max_binlog_size                         | 1073741824                |
| max_binlog_stmt_cache_size              | 18446744073709547520      |
| max_connect_errors                      | 10                        |
| max_connections                         | 151                       |
| max_delayed_threads                     | 20                        |
| max_error_count                         | 64                        |
| max_heap_table_size                     | 16777216                  |
| max_insert_delayed_threads              | 20                        |
| max_join_size                           | 18446744073709551615      |
...

| thread_handling                         | one-thread-per-connection |
| thread_stack                            | 262144                    |
| time_format                             | %H:%i:%s                  |
| time_zone                               | SYSTEM                    |
| timed_mutexes                           | OFF                       |
| timestamp                               | 1316689732                |
| tmp_table_size                          | 16777216                  |
| tmpdir                                  | /tmp                      |
| transaction_alloc_block_size            | 8192                      |
| transaction_prealloc_size               | 4096                      |
| tx_isolation                            | REPEATABLE-READ           |
| unique_checks                           | ON                        |
| updatable_views_with_limit              | YES                       |
| version                                 | 5.5.17-log                |
| version_comment                         | Source distribution       |
| version_compile_machine                 | x86_64                    |
| version_compile_os                      | Linux                     |
| wait_timeout                            | 28800                     |
| warning_count                           | 0                         |
+-----------------------------------------+---------------------------+

LIKE 句を指定すると、このステートメントは、そのパターンに一致する名前を持つ変数の行のみを表示します。特定の変数の行を取得するには、LIKE 句を次に示すように使用します。

SHOW VARIABLES LIKE 'max_join_size';
SHOW SESSION VARIABLES LIKE 'max_join_size';

名前がパターンと一致する変数のリストを取得するには、LIKE 句の中で % のワイルドカード文字を使用します。

SHOW VARIABLES LIKE '%size%';
SHOW GLOBAL VARIABLES LIKE '%size%';

ワイルドカード文字は、照合されるパターン内のどの場所でも利用できます。厳密には、_ は任意の 1 文字と一致するワイルドカードであるため、文字どおりに照合するには \_ としてエスケープしてください。実際には、これはほとんど必要ありません。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.