Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.5.34 SHOW SLAVE HOSTS 構文

SHOW SLAVE HOSTS

現在マスターに登録されているレプリケーションスレーブのリストを表示します。

SHOW SLAVE HOSTS は、レプリケーションマスターとして機能するサーバー上で実行するようにしてください。このステートメントは、レプリケーションスレーブとして接続されているか、またはこれまでに接続されたサーバーに関する情報を、次に示すように結果の各行が 1 つのスレーブサーバーに対応するように表示します。

mysql> SHOW SLAVE HOSTS;
+-----------+-----------+-------+-----------+--------------------------------------+
| Server_id | Host      | Port  | Master_id | Slave_UUID                           |
+-----------+-----------+-------+-----------+--------------------------------------+
|  192168010 | iconnect2 | 3306 | 192168011 | 14cb6624-7f93-11e0-b2c0-c80aa9429562 |
| 1921680101 | athena    | 3306 | 192168011 | 07af4990-f41f-11df-a566-7ac56fdaf645 |
+------------+-----------+------+-----------+--------------------------------------+
  • Server_id: このスレーブサーバーの一意のサーバー ID。これは、このスレーブサーバーのオプションファイルで、または --server-id=value を使用してコマンド行で構成されます。

  • Host: このスレーブサーバーのホスト名。これは、このスレーブサーバーのオプションファイルで、または --report-host=host_name を使用してコマンド行で構成されます。これは、オペレーティングシステムで構成されているマシン名とは異なる場合があります。

  • Port: このスレーブサーバーが待機しているマスター上のポート。

    MySQL 5.6.5 以降では、このカラムが 0 である場合、スレーブポート (--report-port) が設定されなかったことを示します。MySQL 5.6.5 より前は、このような場合は 3306 がデフォルトとして使用されました (Bug #13333431)。

  • Master_id: このスレーブサーバーのレプリケーション元であるマスターサーバーの一意のサーバー ID。これは、SHOW SLAVE HOSTS が実行されているサーバーのサーバー ID であるため、この同じ値が結果の各行にリストされます。

  • Slave_UUID: このスレーブのグローバルに一意の ID。これはスレーブ上で生成され、スレーブの auto.cnf ファイル内に格納されています。

    このカラムは、MySQL 5.6.0 で追加されました。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.