Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.1.26 DROP PROCEDURE および DROP FUNCTION 構文

DROP {PROCEDURE | FUNCTION} [IF EXISTS] sp_name

このステートメントは、ストアドプロシージャーまたはストアドファンクションを削除するために使用されます。つまり、指定されたルーチンがサーバーから削除されます。このルーチンに対する ALTER ROUTINE 権限が必要です。(automatic_sp_privileges システム変数が有効になっている場合は、その権限と EXECUTE が自動的に、そのルーチンが作成されるときはルーチン作成者に付与され、そのルーチンが削除されるときは作成者から削除されます。セクション20.2.2「ストアドルーチンと MySQL 権限」を参照してください。)

IF EXISTS 句は MySQL 拡張です。これは、プロシージャーまたは関数が存在しない場合にエラーが発生しないようにします。SHOW WARNINGS で表示できる警告が生成されます。

DROP FUNCTION はまた、ユーザー定義関数を削除するためにも使用されます (セクション13.7.3.2「DROP FUNCTION 構文」を参照してください)。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.