Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.1.3 DROP USER 構文

DROP USER user [, user] ...

DROP USER ステートメントは、1 つ以上の MySQL アカウントとその権限を削除します。これにより、そのアカウントの権限行がすべての付与テーブルから削除されます。存在しないアカウントに対しては、エラーが発生します。このステートメントを使用するには、mysql データベースに対するグローバルな CREATE USER 権限または DELETE 権限が必要です。

各アカウント名には、セクション6.2.3「アカウント名の指定」で説明されている形式が使用されます。例:

DROP USER 'jeffrey'@'localhost';

アカウント名のユーザー名の部分のみを指定した場合は、'%' のホスト名の部分が使用されます。

重要

DROP USER は、開かれたどのユーザーセッションも自動的には閉じません。さらに、開かれたセッションを持つユーザーが削除されても、このステートメントはそのユーザーのセッションが閉じられるまで有効になりません。セッションが閉じられると、そのユーザーは削除され、そのユーザーが次にログインしようとすると失敗します。これは意図的なものです

DROP USER は、古いユーザーが作成したどのデータベースまたはそれらのデータベース内のどのオブジェクトも自動的には削除したり、無効にしたりしません。これには、DEFINER 属性に削除されたユーザーが指定されているストアドプログラムまたはビューが含まれます。このようなオブジェクトにアクセスしようとすると、それが定義者のセキュリティーコンテキストで実行された場合は、エラーが生成される可能性があります。(セキュリティーコンテキストについては、セクション20.6「ストアドプログラムおよびビューのアクセスコントロール」を参照してください。)


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by J Ruiz on August 29, 2011
As of 5.0.37, if the user does not exists, MySQL responds with: 'ERROR 1396 (HY000): Operation DROP USER failed for ...'
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.