Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.5 SHOW 構文

SHOW には、データベース、テーブル、カラムに関する情報、またはサーバーに関するステータス情報を提供するための多くの形式があります。このセクションでは、次のものについて説明します。

SHOW AUTHORS
SHOW {BINARY | MASTER} LOGS
SHOW BINLOG EVENTS [IN 'log_name'] [FROM pos] [LIMIT [offset,] row_count]
SHOW CHARACTER SET [like_or_where]
SHOW COLLATION [like_or_where]
SHOW [FULL] COLUMNS FROM tbl_name [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW CONTRIBUTORS
SHOW CREATE DATABASE db_name
SHOW CREATE EVENT event_name
SHOW CREATE FUNCTION func_name
SHOW CREATE PROCEDURE proc_name
SHOW CREATE TABLE tbl_name
SHOW CREATE TRIGGER trigger_name
SHOW CREATE VIEW view_name
SHOW DATABASES [like_or_where]
SHOW ENGINE engine_name {STATUS | MUTEX}
SHOW [STORAGE] ENGINES
SHOW ERRORS [LIMIT [offset,] row_count]
SHOW EVENTS
SHOW FUNCTION CODE func_name
SHOW FUNCTION STATUS [like_or_where]
SHOW GRANTS FOR user
SHOW INDEX FROM tbl_name [FROM db_name]
SHOW MASTER STATUS
SHOW OPEN TABLES [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW PLUGINS
SHOW PROCEDURE CODE proc_name
SHOW PROCEDURE STATUS [like_or_where]
SHOW PRIVILEGES
SHOW [FULL] PROCESSLIST
SHOW PROFILE [types] [FOR QUERY n] [OFFSET n] [LIMIT n]
SHOW PROFILES
SHOW SLAVE HOSTS
SHOW SLAVE STATUS
SHOW [GLOBAL | SESSION] STATUS [like_or_where]
SHOW TABLE STATUS [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW [FULL] TABLES [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW TRIGGERS [FROM db_name] [like_or_where]
SHOW [GLOBAL | SESSION] VARIABLES [like_or_where]
SHOW WARNINGS [LIMIT [offset,] row_count]

like_or_where:
    LIKE 'pattern'
  | WHERE expr

特定の SHOW ステートメントの構文に LIKE 'pattern' 部分が含まれている場合、'pattern' は SQL の%_のワイルドカード文字を含むことのできる文字列です。このパターンは、ステートメント出力を一致する値に制限するために役立ちます。

いくつかの SHOW ステートメントは、どの行を表示するかをより柔軟に指定できる WHERE 句も受け入れます。セクション21.32「SHOW ステートメントの拡張」を参照してください。

多くの MySQL API (PHP など) では、SHOW ステートメントから返された結果を SELECT からの結果セットのように処理できます。詳細は、第23章「Connector および APIまたは API のドキュメントを参照してください。さらに、SQL では、INFORMATION_SCHEMA データベース内のテーブルに対するクエリーからの結果を操作できます。これは、SHOW ステートメントからの結果では簡単にはできません。第21章「INFORMATION_SCHEMA テーブルを参照してください。