Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.1.9 ALTER VIEW 構文

ALTER
    [ALGORITHM = {UNDEFINED | MERGE | TEMPTABLE}]
    [DEFINER = { user | CURRENT_USER }]
    [SQL SECURITY { DEFINER | INVOKER }]
    VIEW view_name [(column_list)]
    AS select_statement
    [WITH [CASCADED | LOCAL] CHECK OPTION]

このステートメントは、ビューの定義を変更します。このビューは存在する必要があります。この構文は CREATE VIEW の構文に似ていますが、その効果は CREATE OR REPLACE VIEW と同じです。セクション13.1.20「CREATE VIEW 構文」を参照してください。このステートメントには、このビューに対する CREATE VIEW および DROP 権限と、SELECT ステートメントで参照される各カラムに対する何らかの権限が必要です。ALTER VIEW は、定義者または SUPER 権限を持つユーザーにのみ許可されます。