Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.6.7 条件の処理

条件は、現在のプログラムブロックの終了や実行の続行などの、特殊な処理が必要なストアドプログラムの実行中に発生する可能性があります。警告や例外などの一般的な条件、または特定のエラーコードなどの具体的な条件に対してハンドラを定義できます。具体的な条件には名前を割り当てることができるため、ハンドラではその名前で参照できます。

条件に名前を付けるには、DECLARE ... CONDITION ステートメントを使用します。ハンドラを宣言するには、DECLARE ... HANDLER ステートメントを使用します。セクション13.6.7.1「DECLARE ... CONDITION 構文」およびセクション13.6.7.2「DECLARE ... HANDLER 構文」を参照してください。条件が発生したときにサーバーがハンドラを選択する方法については、セクション13.6.7.6「ハンドラのスコープに関するルール」を参照してください。

条件を発生させるには、SIGNAL ステートメントを使用します。条件ハンドラ内で条件情報を変更するには、RESIGNAL を使用します。セクション13.6.7.1「DECLARE ... CONDITION 構文」およびセクション13.6.7.2「DECLARE ... HANDLER 構文」を参照してください。

診断領域から情報を取得するには、GET DIAGNOSTICS ステートメントを使用します (セクション13.6.7.3「GET DIAGNOSTICS 構文」を参照してください)。診断領域については、セクション13.6.7.7「MySQL の診断領域」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.