Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.5.3 DEALLOCATE PREPARE 構文

{DEALLOCATE | DROP} PREPARE stmt_name

PREPARE で生成された準備済みステートメントを解放するには、その準備済みステートメント名を参照する DEALLOCATE PREPARE ステートメントを使用します。準備済みステートメントを解放したあとにそのステートメントを実行しようとすると、エラーが発生します。多すぎる準備済みステートメントが作成され、DEALLOCATE PREPARE ステートメントまたはセッションの終了のどちらによっても解放されない場合は、max_prepared_stmt_count システム変数によって上限が適用されることがあります。

例については、セクション13.5「準備済みステートメントのための SQL 構文」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.