Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.4.2.3 RESET SLAVE 構文

RESET SLAVE [ALL]

RESET SLAVE は、スレーブに、マスターのバイナリログ内のそのレプリケーション位置を忘れさせます。このステートメントは、クリーンな開始に使用されるように考慮されています。つまり、マスター情報およびリレーログ情報リポジトリをクリアし、すべてのリレーログファイルを削除して、新しいリレーログファイルを開始します。また、CHANGE MASTER TOMASTER_DELAY オプションで指定されたレプリケーション遅延も 0 にリセットします。RESET SLAVE を使用するには、スレーブレプリケーションスレッドを停止する必要があります (必要に応じて STOP SLAVE を使用します)。

注記

スレーブ SQL スレッドによってリレーログファイルが完全には実行されていない場合でも、すべてのリレーログファイルが削除されます。(これは、STOP SLAVE ステートメントを発行した場合や、スレーブの負荷が高い場合に、レプリケーションスレーブ上に存在する可能性がある条件です。)

MySQL 5.6 では (MySQL 5.1 以前の場合とは異なり)、RESET SLAVE は、メモリー内に保持されているマスターホスト、マスターポート、マスターユーザー、マスターパスワードなどのレプリケーション接続パラメータを変更しません。つまり、RESET SLAVE のあとに CHANGE MASTER TO ステートメントを必要とすることなく START SLAVE を発行できます。

RESET SLAVE に続いてスレーブの mysqld がシャットダウンされた場合は、接続パラメータがリセットされます。MySQL 5.6.3 以降では、代わりに RESET SLAVE ALL を使用して、これらの接続パラメータをリセットできます (Bug #11809016)。

RESET SLAVE ALL は、CHANGE MASTER TO によって設定された IGNORE_SERVER_IDS リストをクリアしません。この問題は MySQL 5.7 で修正されています。(Bug #18816897)

MySQL 5.6.7 以降では、RESET SLAVE によって進行中のトランザクションの暗黙的なコミットが発生します。セクション13.3.3「暗黙的なコミットを発生させるステートメント」を参照してください。

スレーブ SQL スレッドが停止され、RESET SLAVE が発行されたときにそのスレッドが一時テーブルをレプリケートしている最中であった場合、これらのレプリケートされた一時テーブルはスレーブ上で削除されます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.