Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

2.10.3 サーバーのテスト

データディレクトリを初期化し、サーバーを起動したら、いくつかの単純なテストを実行して、適切に動作することを確認します。 このセクションでは、現在の場所が MySQL インストールディレクトリであり、ここで使用する MySQL プログラムを含む bin サブディレクトリがあることを前提としています。 そうでない場合は、コマンドパス名を適宜調整します。

または、bin ディレクトリを PATH 環境変数設定に追加します。 これにより、シェル (コマンドインタプリタ) は MySQL プログラムを適切に検索できるため、パス名ではなく名前のみを入力してプログラムを実行できます。 セクション4.2.9「環境変数の設定」を参照してください。

mysqladmin を使用してサーバーが動作していることを確認します。 次のコマンドは、サーバーの起動および接続を確認する簡単なテストを提供します。

shell> bin/mysqladmin version
shell> bin/mysqladmin variables

サーバーに接続できない場合は、-u root オプションを指定して root として接続します。 root アカウントのパスワードをすでに割り当てている場合は、コマンドラインで -p を指定し、プロンプトが表示されたらパスワードを入力する必要もあります。 例:

shell> bin/mysqladmin -u root -p version
Enter password: (enter root password here)

mysqladmin version の出力は、プラットフォームおよび MySQL のバージョンによって多少異なりますが、次に示すものに類似します。

shell> bin/mysqladmin version
mysqladmin  Ver 14.12 Distrib 8.0.26, for pc-linux-gnu on i686
...

Server version          8.0.26
Protocol version        10
Connection              Localhost via UNIX socket
UNIX socket             /var/lib/mysql/mysql.sock
Uptime:                 14 days 5 hours 5 min 21 sec

Threads: 1  Questions: 366  Slow queries: 0
Opens: 0  Flush tables: 1  Open tables: 19
Queries per second avg: 0.000

mysqladmin のほかに機能を表示するには、それを --help オプションで起動します。

サーバーを停止できることを確認します (root アカウントにすでにパスワードがある場合は、-p オプションを含めます):

shell> bin/mysqladmin -u root shutdown

サーバーを再度起動できることを確認します。 これは、mysqld_safe を使用するか、あるいは mysqld を直接起動して行います。 例:

shell> bin/mysqld_safe --user=mysql &

mysqld_safe が失敗する場合は、セクション2.10.2.1「MySQL Server の起動時の問題のトラブルシューティング」を参照します。

簡単なテストをいくつか実行して、サーバーから情報を取り出せることを確認します。 出力は次のようになります。

どのようなデータベースが存在するかを表示するには、mysqlshow を使用します。

shell> bin/mysqlshow
+--------------------+
|     Databases      |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| sys                |
+--------------------+

インストールされているデータベースのリストは異なる場合がありますが、常に mysql および information_schema 以上が含まれています。

データベース名を指定すると、mysqlshow はそのデータベース内のテーブルのリストを表示します。

shell> bin/mysqlshow mysql
Database: mysql
+---------------------------+
|          Tables           |
+---------------------------+
| columns_priv              |
| component                 |
| db                        |
| default_roles             |
| engine_cost               |
| func                      |
| general_log               |
| global_grants             |
| gtid_executed             |
| help_category             |
| help_keyword              |
| help_relation             |
| help_topic                |
| innodb_index_stats        |
| innodb_table_stats        |
| ndb_binlog_index          |
| password_history          |
| plugin                    |
| procs_priv                |
| proxies_priv              |
| role_edges                |
| server_cost               |
| servers                   |
| slave_master_info         |
| slave_relay_log_info      |
| slave_worker_info         |
| slow_log                  |
| tables_priv               |
| time_zone                 |
| time_zone_leap_second     |
| time_zone_name            |
| time_zone_transition      |
| time_zone_transition_type |
| user                      |
+---------------------------+

mysql プログラムを使用して、mysql スキーマのテーブルから情報を選択します:

shell> bin/mysql -e "SELECT User, Host, plugin FROM mysql.user" mysql
+------+-----------+-----------------------+
| User | Host      | plugin                |
+------+-----------+-----------------------+
| root | localhost | caching_sha2_password |
+------+-----------+-----------------------+

この時点で、サーバーは稼働しており、アクセスできます。 初期アカウントにまだパスワードを割り当てていない場合にセキュリティを強化するには、セクション2.10.4「初期 MySQL アカウントの保護」 の手順に従います。

mysqlmysqladmin および mysqlshow の詳細は、セクション4.5.1「mysql — MySQL コマンドラインクライアント」セクション4.5.2「mysqladmin — A MySQL Server 管理プログラム」 および セクション4.5.7「mysqlshow — データベース、テーブル、およびカラム情報の表示」 を参照してください。