Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  インストールする MySQL のバージョンと配布の選択

このページは機械翻訳したものです。

2.1.2 インストールする MySQL のバージョンと配布の選択

MySQL のインストールを準備するときに、使用するバージョンと配布形式 (バイナリまたはソース) を決定します。

まず、開発リリースと General Availability (GA) リリースのどちらをインストールするかを決定します。 開発リリースには最新の機能がありますが、本番での使用は推奨されません。 GA リリースは、本番リリースまたは安定リリースとも呼ばれ、本番で使用するためのものです。 最新の GA リリースを使用することをお勧めします。

MySQL 8.0 のネーミングスキームでは、3 つの数字とオプションの接尾辞 (mysql-8.0.1-dmr など) で構成されるリリース名を使用します。 リリース名の番号は次のように解釈されます。

  • 最初の番号 (8) はメジャーバージョン番号です。

  • 2 番目の番号 (0) はマイナーバージョン番号です。 メジャー番号とマイナー番号が一緒にリリースシリーズ番号を構成します。 シリーズ番号は、安定した機能セットを説明します。

  • 3 番目の番号 (1) はリリースシリーズ内でのバージョン番号です。 これは、新しいバグ修正リリースごとに増分されます。 ほとんどの場合、シリーズ内の最新バージョンが最適な選択肢です。

リリース名には、リリースの安定性レベルを示す接尾辞を含めることもできます。 シリーズ内のリリースは、サフィクスが順に進展していくことで、安定性レベルの改善を示します。 サフィクスには次のようなものがあります。

  • dmr は、開発マイルストンリリース (DMR) を示します。 MySQL 開発では、マイルストンモデルを使用します。マイルストンモデルでは、各マイルストンに完全にテストされた機能の小さなサブセットが導入されます。 あるマイルストンから次のマイルストンに至るまで、これらの早期リリースを試行するコミュニティメンバーから提供されたフィードバックに基づいて、機能インタフェースが変更されたり、機能が削除されたりする場合があります。 マイルストーンリリース内の機能は、試作レベルの品質であるとみなされます。

  • rc は、リリース候補 (RC) を示します。 リリース候補は安定しているとみなされ、すべての MySQL 内部テストに合格しています。 RC リリースでは新機能がまだ導入されている可能性がありますが、フォーカスはバグの修正に移り、シリーズの前半で導入された機能を安定させます。

  • 接尾辞がない場合は、General Availability (GA) または Production リリースを示します。 GA リリースは安定しており、以前のリリース段階を正常に通過しており、信頼性が高く、深刻なバグがないと考えられ、本番システムでの使用に適しています。

シリーズ内での開発は DMR リリースから始まり、その後 RC リリースが続き、最後に GA ステータスリリースに到達します。

インストールする MySQL のバージョンを選択した後、オペレーティングシステムにインストールする配布形式を決定します。 ほとんどのユースケースでは、バイナリ配布を選択するのが適切です。 バイナリ配布は、Linux の RPM パッケージや macOS の DMG パッケージなど、多くのプラットフォームでネイティブ形式で使用できます。 配布は、Zip アーカイブや圧縮 tar ファイルなど、より一般的な形式でも利用可能です。 Windows では、MySQL Installer を使用してバイナリ配布をインストールできます。

状況によっては、ソース配布から MySQL をインストールすることをお薦めします:

  • MySQL を明示的な場所にインストールしたい場合。 標準のバイナリの配布はインストールの場所にかかわらずすぐに動作しますが、MySQL コンポーネントを希望する場所に配置することで柔軟性をさらに向上させる必要に駆られる場合があります。

  • 標準バイナリ配布に含まれていない可能性のある機能を使用して mysqld を構成する場合。 機能の可用性を確保するために使用される最も一般的な追加オプションのリストを次に示します:

    • TCP ラッパーサポートのための -DWITH_LIBWRAP=1

    • 圧縮に依存する機能のための -DWITH_ZLIB={system|bundled}

    • デバッグサポートのための -DWITH_DEBUG=1

    詳細は セクション2.9.7「MySQL ソース構成オプション」 を参照してください。

  • mysqld を、標準のバイナリの配布に含まれる一部の機能を使用しないように構成する場合。

  • あなたは、MySQL を構成する C および C++ コードを読み取ったり変更しようと考えています。 この目的のために、ソース配布を取得します。

  • ソースの配布には、バイナリの配布より多くのテストおよび例が含まれています。