Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする

このページは機械翻訳したものです。

2.5.1 MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL を Linux にインストールする

Oracle Linux、Red Hat Enterprise Linux、CentOS および Fedora の「MySQL Yum リポジトリ」には、MySQL サーバー、クライアント、MySQL ワークベンチ、MySQL ユーティリティ、MySQL Router、MySQL Shell、Connector/ODBC、Connector/Python などをインストールするための RPM パッケージが用意されています (すべてのディストリビューションで使用できるわけではありません。追加の MySQL 製品およびコンポーネントの Yum でのインストール の詳細を参照してください)。

開始する前に

MySQL は、広く使用されるオープンソースのソフトウェアとして、オリジナルの形式または再パッケージされた形式で、さまざまなダウンロードサイトやソフトウェアリポジトリなどのさまざまなソースから、多くのシステムに広くインストールされています。 次の手順では、サードパーティ配布 RPM パッケージを使用しているシステムに MySQL がまだインストールされていないことを前提としています。インストールされていない場合は、セクション2.11.7「MySQL Yum リポジトリを使用する MySQL のアップグレード」 または Replacing a Third-Party Distribution of MySQL Using the MySQL Yum Repository に記載されている手順に従ってください。

MySQL のインストールを最初から実行する手順

MySQL の最新の GA バージョンを MySQL Yum リポジトリでインストールするには、次の手順に従ってください。

  1. MySQL Yum リポジトリの追加

    まず、MySQL Yum リポジトリをシステムのリポジトリリストに追加します。 この操作は一度だけ必要で、MySQL が提供する RPM をインストールすることで実行できます。 次の手順に従います。

    1. MySQL Developer Zone の「Download MySQL Yum Repository」ページ (https://dev.mysql.com/downloads/repo/yum/) に移動します。

    2. 使用しているプラットフォーム用のリリースパッケージを選択してダウンロードします。

    3. ダウンロードしたリリースパッケージを次のコマンドでインストールし、platform-and-version-specific-package-name をダウンロードした RPM パッケージの名前に置き換えます:

      shell> sudo yum install platform-and-version-specific-package-name.rpm

      EL6 ベースのシステムでは、コマンドは次の形式です。

      shell> sudo yum install mysql80-community-release-el6-{version-number}.noarch.rpm

      EL7 ベースのシステムの場合:

      shell> sudo yum install mysql80-community-release-el7-{version-number}.noarch.rpm

      EL8-based システムの場合:

      shell> sudo yum install mysql80-community-release-el8-{version-number}.noarch.rpm

      Fedora 33 の場合:

      shell> sudo dnf install mysql80-community-release-fc33-{version-number}.noarch.rpm

      Fedora 32 の場合:

      shell> sudo dnf install mysql80-community-release-fc32-{version-number}.noarch.rpm

      インストールコマンドにより、MySQL Yum リポジトリがシステムのリポジトリリストに追加され、ソフトウェアパッケージの完全性をチェックするために GnuPG 鍵がダウンロードされます。 GnuPG 鍵チェックの詳細は、セクション2.1.4.2「GnuPG を使用した署名確認」を参照してください。

      次のコマンドを使用して、MySQL Yum リポジトリが正常に追加されたことを確認できます (dnf 対応システムの場合、コマンドの yumdnf に置き換えます):

      shell> yum repolist enabled | grep "mysql.*-community.*"

    注記

    MySQL Yum リポジトリがシステムで有効になると、yum update コマンド (dnf 対応システムの場合は dnf upgrade) によるシステム全体の更新によって、システム上の MySQL パッケージがアップグレードされ、MySQL Yum リポジトリ内でネイティブサードパーティパッケージの置換が検出された場合は置換されます。システムで発生する可能性のある影響については、セクション2.11.7「MySQL Yum リポジトリを使用する MySQL のアップグレード」 を参照してください。共有クライアントライブラリのアップグレード を参照してください。

  2. リリースシリーズの選択

    MySQL Yum リポジトリを使用する場合、デフォルトで最新の GA シリーズ (現在の MySQL 8.0) がインストール用に選択されます。 それでよい場合は、次の手順のMySQL のインストールに進んでください。

    MySQL Yum リポジトリ内では、MySQL Community Server の異なるリリースシリーズが、異なるサブリポジトリにホストされています。 最新の GA シリーズ (現在の MySQL 8.0) のサブリポジトリはデフォルトで有効になっており、他のすべてのシリーズ (MySQL 8.0 シリーズなど) のサブリポジトリはデフォルトで無効になっています。 このコマンドを使用して、MySQL Yum リポジトリ内のすべてのサブリポジトリを表示し、どのサブリポジトリが有効化または無効化されているかを確認します (dnf 対応システムの場合は、コマンド内の yumdnf に置き換えます):

    shell> yum repolist all | grep mysql

    最新の GA シリーズの最新のリリースをインストールする場合は、構成は不要です。 最新の GA シリーズ以外の特定のシリーズの最新リリースをインストールするには、インストールコマンドを実行する前に、最新の GA シリーズのサブリポジトリを無効にし、その特定のシリーズのサブリポジトリを有効にします。 プラットフォームで yum-config-manager がサポートされている場合は、次のコマンドを発行して、5.7 シリーズのサブリポジトリを無効にし、8.0 シリーズのサブリポジトリを有効にします:

    shell> sudo yum-config-manager --disable mysql57-community
    shell> sudo yum-config-manager --enable mysql80-community

    dnf 対応プラットフォームの場合:

    shell> sudo dnf config-manager --disable mysql57-community
    shell> sudo dnf config-manager --enable mysql80-community

    yum-config-manager または dnf config-manager コマンドの他に、/etc/yum.repos.d/mysql-community.repo ファイルを手動で編集してリリースシリーズを選択することもできます。 ファイル内の、リリースシリーズのサブリポジトリの典型的なエントリを次に示します。

    [mysql57-community]
    name=MySQL 5.7 Community Server
    baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-5.7-community/el/6/$basearch/
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

    構成したいサブリポジトリのエントリを探し、enabled オプションを編集します。 enabled=0 を指定してサブリポジトリを無効にするか、enabled=1 を指定してサブリポジトリを有効にします。 たとえば、MySQL 8.0 をインストールするには、前述の MySQL 5.7 のサブリポジトリエントリに enabled=0 があり、8.0 シリーズのエントリに enabled=1 があることを確認します:

    # Enable to use MySQL 8.0
    [mysql80-community]
    name=MySQL 8.0 Community Server
    baseurl=http://repo.mysql.com/yum/mysql-8.0-community/el/6/$basearch/
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-mysql

    一度に有効にするサブリポジトリは、 1 つのリリースシリーズのもののみにしてください。 複数のリリースシリーズのサブリポジトリが有効になっている場合、Yum は最新のシリーズを使用します。

    次のコマンドを実行し、その出力を確認して、正しいサブリポジトリが有効化および無効化されていることを確認します (dnf 対応システムの場合、コマンドの yumdnf に置き換えます):

    shell> yum repolist enabled | grep mysql
  3. デフォルトの MySQL モジュールの無効化

    (EL8 システムのみ) RHEL8 や Oracle Linux 8 などの EL8-based システムには、デフォルトで有効になっている MySQL モジュールが含まれています。 このモジュールを無効にしないかぎり、MySQL リポジトリによって提供されるパッケージがマスクされます。 含まれているモジュールを無効にして MySQL リポジトリパッケージを表示するには、次のコマンドを使用します (dnf 対応システムの場合は、コマンドの yumdnf に置き換えます):

    shell> sudo yum module disable mysql
  4. MySQL のインストール

    次のコマンドを使用して MySQL をインストールします (dnf 対応システムの場合は、コマンドの yumdnf に置き換えます):

    shell> sudo yum install mysql-community-server

    これにより、MySQL Server (mysql-community-server)、クライアントのパッケージ (mysql-community-client)、クライアントとサーバー用の一般的なエラーメッセージと文字セット (mysql-community-common)、および共有クライアントライブラリ (mysql-community-libs) など、サーバーを実行するために必要なコンポーネントのパッケージがインストールされます。

  5. MySQL Server の起動

    次のコマンドで MySQL Server を起動します。

    shell> systemctl start mysqld

    次のコマンドで MySQL Server のステータスをチェックできます。

    shell> systemctl status mysqld

オペレーティングシステムが systemd に対応している場合は、stop, start, status などの標準 systemctl (または引数を逆にした service) コマンドと restart を使用して MySQL サーバーサービスを管理する必要があります。 mysqld サービスはデフォルトで有効になっており、システムの再起動時に開始されます。 詳細は、セクション2.5.9「systemd を使用した MySQL Server の管理」を参照してください。

サーバーの最初の起動時に、サーバーのデータディレクトリが空の場合、次のようになります:

  • サーバーが初期化されます。

  • SSL 証明書およびキーファイルがデータディレクトリに生成されます。

  • validate_password がインストールされ、有効になっています。

  • スーパーユーザーアカウント'root'@'localhost が作成されます。 スーパーユーザーのパスワードが設定され、エラーログファイルに格納されます。 表示するには、次のコマンドを使用します:

    shell> sudo grep 'temporary password' /var/log/mysqld.log

    生成された一時パスワードを使用してログインし、スーパーユーザーアカウントのカスタムパスワードを設定することで、root パスワードをできるだけ早く変更します:

    shell> mysql -uroot -p
    mysql> ALTER USER 'root'@'localhost' IDENTIFIED BY 'MyNewPass4!';
    注記

    validate_password はデフォルトでインストールされます。 validate_password で実装されているデフォルトのパスワードポリシーでは、パスワードに大文字、小文字、数字および特殊文字を 1 文字以上含める必要があり、パスワードの合計長は 8 文字以上である必要があります。

インストール後の手順については、セクション2.10「インストール後のセットアップとテスト」を参照してください。

注記

EL7 ベースのプラットフォームの互換性情報: プラットフォームのネイティブソフトウェアリポジトリからの次の RPM パッケージは、MySQL Server をインストールする MySQL Yum リポジトリからのパッケージとは互換性がありません。 MySQL Yum リポジトリを使用して MySQL をインストールした後は、これらのパッケージをインストールできません (その逆も同様です)。

  • akonadi-mysql

追加の MySQL 製品およびコンポーネントの Yum でのインストール

Yum を使用して、MySQL の個々のコンポーネントのインストールおよび管理を実行できます。 これらのコンポーネントの一部は、MySQL Yum リポジトリのサブリポジトリにホストされています。たとえば、MySQL Connectors は MySQL Connectors Community サブリポジトリ、MySQL Workbench は MySQL Tools Community にあります。 次のコマンドを使用して、プラットフォームで使用可能なすべての MySQL コンポーネントのパッケージを MySQL Yum リポジトリからリストできます (dnf 対応システムの場合は、コマンド内の yumdnf に置き換えます):

shell> sudo yum --disablerepo=\* --enablerepo='mysql*-community*' list available

任意のパッケージを次のコマンドでインストールし、package-name をパッケージの名前に置き換えます (dnf 対応システムの場合は、コマンド内の yumdnf に置き換えます):

shell> sudo yum install package-name

たとえば、Fedora に MySQL Workbench をインストールするには、次のようにします:

shell> sudo dnf install mysql-workbench-community

共有クライアントライブラリをインストールするには (dnf 対応システムの場合は、コマンドの yumdnf に置き換えます):

shell> sudo yum install mysql-community-libs

プラットフォーム固有のノート

ARM のサポート

ARM 64-bit (aarch64) は Oracle Linux 7 でサポートされており、Oracle Linux 7 ソフトウェアコレクションリポジトリ (ol7_software_collections) が必要です。 たとえば、サーバーを設置するには、次のようにします:

shell> yum-config-manager --enable ol7_software_collections
shell> yum install mysql-community-server
注記

ARM 64-bit (aarch64) は、MySQL 8.0.12 の Oracle Linux 7 でサポートされています。

既知の制限事項

8.0.12 リリースでは、yum install ステップの実行後に ln -s /opt/oracle/oracle-armtoolset-1/root/usr/lib64 /usr/lib64/gcc7 を実行して、libstdc++7 パスを調整する必要があります。

Yum での MySQL の更新

インストールのほかに、MySQL 製品およびコンポーネントの更新も、MySQL Yum リポジトリを使用して実行できます。 詳細は、セクション2.11.7「MySQL Yum リポジトリを使用する MySQL のアップグレード」を参照してください。