Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

2.10.5 MySQL を自動的に起動および停止する

このセクションでは、MySQL サーバーを起動および停止する方法について説明します。

一般的には、mysqld サーバーは次のいずれかの方法で起動します。

systemd、mysqld_safe および mysql.server スクリプト、Solaris SMF、および macOS 起動項目 (または MySQL 設定ペイン) を使用すると、サーバーを手動で、またはシステムの起動時に自動的に起動できます。systemd、mysql.server、および起動項目を使用して、サーバーを停止することもできます。

次のテーブルに、サーバーおよび起動スクリプトがオプションファイルから読み取るオプショングループを示します。

表 2.15 MySQL 起動スクリプトおよびサポートされているサーバーオプショングループ

スクリプト オプショングループ
mysqld [mysqld][server][mysqld-major_version]
mysqld_safe [mysqld][server][mysqld_safe]
mysql.server [mysqld][mysql.server][server]

[mysqld-major_version] は、[mysqld-5.7] および [mysqld-8.0] のような名前のグループが、5.7.x、8.0.x、などのバージョンのサーバーによって読み取られることを意味します。 この機能は、所定のリリースシリーズのサーバーによってのみ読み取られるオプションを指定するために使用できます。

下位互換性のため、mysql.server[mysql_server] グループも読み取り、mysqld_safe[safe_mysqld] グループも読み取ります。 最新にするには、かわりに[mysql.server]および[mysqld_safe]グループを使用するようにオプションファイルを更新する必要があります。

MySQL 構成ファイルとその構造とコンテンツについては、セクション4.2.2.2「オプションファイルの使用」を参照してください。