Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  MySQL のインストールとアップグレード  /  ソースから MySQL をインストールする

このページは機械翻訳したものです。

2.9 ソースから MySQL をインストールする

MySQL をソースコードからビルドすると、ビルドパラメータ、コンパイラ最適化、およびインストールの場所をカスタマイズできます。 MySQL を実行できることがわかっているシステムのリストは、https://www.mysql.com/support/supportedplatforms/database.htmlを参照してください。

ソースからのインストールに進む前に、使用しているプラットフォーム用に事前コンパイルされたバイナリ配布をオラクルが作成しているかどうか、およびそれがニーズに適合しているかどうかをチェックしてください。 弊社は、パフォーマンスを最適化するために、最善のオプションでバイナリをビルドすることを保証するべく多大な努力をしています。 バイナリ配布のインストール手順は、セクション2.2「一般的なバイナリを使用した MySQL の Unix/Linux へのインストール」を参照してください。

ビルドオプションを使用して、プラットフォーム上でバイナリ配布を生成するために Oracle で使用するビルドオプションと同じか類似したビルドオプションを使用してソース配布から MySQL を構築する場合は、バイナリ配布を取得して解凍し、docs/INFO_BIN ファイルを参照します。このファイルには、MySQL 配布の構成およびコンパイル方法に関する情報が含まれています。

警告

非標準オプションを使用して MySQL を構築すると、機能、パフォーマンスまたはセキュリティが低下する可能性があります。

MySQL ソースコードには、Doxygen を使用して記述された内部ドキュメントが含まれます。 生成された Doxygen コンテンツは、https://dev.mysql.com/doc/index-other.html で入手できます。 セクション2.9.10「MySQL Doxygen ドキュメントコンテンツの生成」 の手順を使用して、このコンテンツを MySQL ソース配布からローカルに生成することもできます。