Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.1Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

2.10.2 サーバーの起動

このセクションでは、Unix および Unix に似たシステムでサーバーを起動する方法について説明します。 (Windows の場合は、セクション2.3.4.5「サーバーをはじめて起動する」 を参照してください。) サーバーがアクセス可能で正しく動作しているかどうかをテストするために使用できるいくつかの推奨コマンドについては、セクション2.10.3「サーバーのテスト」 を参照してください。

インストールに mysqld_safe が含まれる場合は、次のように MySQL サーバーを起動します:

shell> bin/mysqld_safe --user=mysql &
注記

RPM パッケージを使用して MySQL がインストールされている Linux システムでは、サーバーの起動と停止は mysqld_safe ではなく systemd を使用して管理され、mysqld_safe はインストールされません。 セクション2.5.9「systemd を使用した MySQL Server の管理」を参照してください。

インストールに systemd サポートが含まれている場合は、次のようにサーバーを起動します:

shell> systemctl start mysqld

mysqld と異なる場合は、適切なサービス名 (SLES システム上の mysql など) に置き換えます。

MySQL Server を権限のない (非 root) ログインアカウントで起動することが重要です。 これを確認するには、root として mysqld_safe を実行し、次に示すように --user オプションを含めます。 それ以外の場合は、mysql としてログインしている間にプログラムを実行する必要があります。この場合、コマンドから --user オプションを省略できます。

MySQL を権限なしのユーザーとして実行する方法の詳細は、セクション6.1.5「MySQL を通常ユーザーとして実行する方法」を参照してください。

コマンドがただちに失敗して mysqld ended を出力する場合は、エラーログ (デフォルトではデータディレクトリ内の host_name.err ファイル) で情報を探してください。

サーバーが mysql スキーマ内の付与テーブルを起動または読み取るデータディレクトリにアクセスできない場合は、エラーログにメッセージが書き込まれます。 このような問題は、このステップに進む前にデータディレクトリを初期化して付与テーブルを作成しない場合、または --user オプションを指定せずにデータディレクトリを初期化するコマンドを実行した場合に発生することがあります。 data ディレクトリを削除し、--user オプションを指定してコマンドを実行します。

サーバーの起動時にほかの問題が発生した場合には、セクション2.10.2.1「MySQL Server の起動時の問題のトラブルシューティング」を参照してください。 mysqld_safe の詳細は、セクション4.3.2「mysqld_safe — MySQL サーバー起動スクリプト」を参照してください。 systemd のサポートの詳細は、セクション2.5.9「systemd を使用した MySQL Server の管理」 を参照してください。