Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysqladmin — A MySQL Server 管理プログラム

このページは機械翻訳したものです。

4.5.2 mysqladmin — A MySQL Server 管理プログラム

mysqladmin は管理操作を実行するためのクライアントです。 サーバーの構成や現在のステータスの確認、データベースの作成および削除、およびその他の用途に使用できます。

mysqladmin は次のように起動します。

shell> mysqladmin [options] command [command-arg] [command [command-arg]] ...

mysqladmin は次のコマンドをサポートします。 コマンドの中にはコマンド名のあとに引数を取るものもあります。

  • create db_name

    db_name という名前の新しいデータベースを作成します。

  • debug

    MySQL 8.0.20 より前は、デバッグ情報をエラーログに書き込むようにサーバーに指示していました。 接続されたユーザーは SUPER 権限を持っている必要があります。 この情報の形式と内容は変更されることがあります。

    これにはイベントスケジューラの情報が含まれます。 セクション25.4.5「イベントスケジューラのステータス」を参照してください。

  • drop db_name

    db_name という名前のデータベースとそのテーブルをすべて削除します。

  • extended-status

    サーバーステータス変数とその値を表示します。

  • flush-hosts

    ホストキャッシュ内の情報をすべてフラッシュします。 セクション5.1.12.3「DNS ルックアップとホストキャッシュ」を参照してください。

  • flush-logs [log_type ...]

    ログをすべてフラッシュします。

    mysqladmin flush-logs コマンドでは、フラッシュするログを指定するために、オプションのログタイプを指定できます。 flush-logs コマンドの後に、次のログタイプのリストをスペースで区切って指定できます: binary, engine, error, general, relay, slow。 これらは、FLUSH LOGS SQL ステートメントに指定できるログタイプに対応します。

  • flush-privileges

    付与テーブルをリロードします (reload と同じ)。

  • flush-status

    ステータス変数をクリアします。

  • flush-tables

    テーブルをすべてフラッシュします。

  • flush-threads

    スレッドキャッシュをフラッシュします。

  • kill id,id,...

    サーバースレッドを強制終了します。 複数のスレッド ID 値を指定する場合、リストにはスペースが存在してはいけません。

    他のユーザーに属するスレッドを強制終了するには、接続ユーザーに CONNECTION_ADMIN 権限 (または非推奨の SUPER 権限) が必要です。

  • password new_password

    新しいパスワードを設定します。 これにより、mysqladmin でサーバーへの接続に使用するアカウントのパスワードが new_password に変更されます。 したがって、次回、同じアカウントを使用して mysqladmin (またはその他のクライアントプログラム) を起動するときに、新しいパスワードを指定する必要があります。

    警告

    mysqladmin を使用してパスワードを設定する場合は、セキュアでないとみなす必要があります。 一部のシステムでは、使用しているパスワードが、コマンド行を表示するためにほかのユーザーによって起動できる ps などのシステムステータスプログラムによって表示可能になります。 MySQL クライアントは通常、クライアントの初期化シーケンス中にコマンド行パスワード引数をゼロで上書きします。 ただし、まだ値が表示可能な短い期間があります。 また、一部のシステムではこの上書きの方法には効果がなく、パスワードは ps から表示可能になったままになります。 (SystemV Unix システムおよびおそらくほかのシステムでもこの問題の影響があります。)

    new_password 値にコマンドインタプリタで特殊なスペースやその他の文字が含まれている場合は、引用符で囲む必要があります。 Windows では、単一引用符ではなく二重引用符を必ず使用してください。単一引用符はパスワードから取り除かれず、むしろパスワードの一部として解釈されます。 例:

    shell> mysqladmin password "my new password"

    新しいパスワードは、password コマンドの後に省略できます。 この場合、mysqladmin はパスワード値を要求し、パスワードをコマンド行で指定するのを避けることができます。 パスワード値は、passwordmysqladmin コマンド行の最後のコマンドである場合にかぎって省略できます。 そうでない場合、次の引数がパスワードとみなされます。

    注意

    サーバーが --skip-grant-tables オプションを使用して起動された場合は、このコマンドを使用しないでください。 パスワードの変更は適用されません。 これは、同じコマンド行で password コマンドの前に flush-privileges コマンドを指定して付与テーブルを再度有効にする場合にも当てはまります (フラッシュ処理は接続後に行われるため)。 ただし、mysqladmin flush-privileges コマンドを実行して付与テーブルを再度有効にしてから、個別に mysqladmin password コマンドを実行してパスワードを変更することは可能です。

  • ping

    サーバーが使用可能かどうかをチェックします。 サーバーが稼働中の場合は mysqladmin のリターンステータスは 0 になり、稼働していない場合は 1 になります。 Access denied のようなエラーの場合でも 0 となります。これは、サーバーは稼働しているが接続を拒否したことを意味しており、サーバーが稼働していない状態とは異なるからです。

  • processlist

    アクティブなサーバースレッドのリストを表示します。 これは SHOW PROCESSLIST ステートメントの出力と同様です。 --verbose オプションが指定されている場合、出力は SHOW FULL PROCESSLIST の出力と同様です。 (セクション13.7.7.29「SHOW PROCESSLIST ステートメント」を参照してください。)

  • reload

    付与テーブルをリロードします。

  • refresh

    全テーブルをフラッシュし、ログファイルを閉じて、開きます。

  • shutdown

    サーバーを停止します。

  • start-slave

    レプリカサーバーでレプリケーションを開始します。

  • status

    短いサーバーステータスメッセージを表示します。

  • stop-slave

    レプリカサーバーでレプリケーションを停止します。

  • variables

    サーバーシステム変数とその値を表示します。

  • version

    サーバーからのバージョン情報を表示します。

すべてのコマンドは一意のプリフィクスに省略できます。 例:

shell> mysqladmin proc stat
+----+-------+-----------+----+---------+------+-------+------------------+
| Id | User  | Host      | db | Command | Time | State | Info             |
+----+-------+-----------+----+---------+------+-------+------------------+
| 51 | jones | localhost |    | Query   | 0    |       | show processlist |
+----+-------+-----------+----+---------+------+-------+------------------+
Uptime: 1473624  Threads: 1  Questions: 39487
Slow queries: 0  Opens: 541  Flush tables: 1
Open tables: 19  Queries per second avg: 0.0268

mysqladmin status コマンドの結果は次の値を表示します。

  • Uptime

    MySQL サーバーが稼働している秒数。

  • Threads

    アクティブスレッド (クライアント) の数です。

  • Questions

    サーバーが起動して以来クライアントから寄せられた質問 (クエリー) の数です。

  • Slow queries

    long_query_time 秒よりも時間を要したクエリーの数。 セクション5.4.5「スロークエリーログ」を参照してください。

  • Opens

    サーバーによって開かれたテーブルの数。

  • Flush tables

    サーバーが実行した flush-*refresh、および reload コマンドの数です。

  • Open tables

    現在開いているテーブルの数。

Unix ソケットファイルを使用してローカルサーバーに接続する際に mysqladmin shutdown を実行した場合、mysqladmin はサーバーのプロセス ID ファイルが取り除かれるまで待ちます。これはサーバーが正しく停止したことを確認するためです。

mysqladmin は次のオプションをサポートします。これらはコマンド行またはオプションファイルの [mysqladmin] グループおよび [client] グループで指定できます。 MySQL プログラムによって使用されるオプションファイルの詳細については、セクション4.2.2.2「オプションファイルの使用」を参照してください。

表 4.12 「mysqladmin のオプション」

オプション名 説明 導入 非推奨
--bind-address 指定されたネットワークインタフェースを使用して MySQL サーバーに接続
--compress クライアントとサーバー間で送信される情報をすべて圧縮 8.0.18
--compression-algorithms サーバーへの接続に許可される圧縮アルゴリズム 8.0.18
--connect-timeout 接続タイムアウトまでの秒数
--count 繰り返されるコマンド実行での反復回数
--debug デバッグログの書込み
--debug-check プログラムの終了時にデバッグ情報を出力
--debug-info プログラムの終了時に、デバッグ情報、メモリー、および CPU の統計を出力
--default-auth 使用する認証プラグイン
--default-character-set デフォルト文字セットを指定
--defaults-extra-file 通常のオプションファイルに加えて、名前付きオプションファイルを読み取ります
--defaults-file 指名されたオプションファイルのみを読み取る
--defaults-group-suffix オプショングループのサフィクス値
--enable-cleartext-plugin 平文の認証プラグインを有効化
--force SQL エラーが発生しても続行
--get-server-public-key サーバーから RSA 公開キーをリクエスト
--help ヘルプメッセージを表示して終了
--host MySQL サーバーがあるホスト
--login-path ログインパスオプションを .mylogin.cnf から読み取り
--no-beep エラー時に音を発生させない
--no-defaults オプションファイルを読み取らない
--password サーバーに接続する際に使用するパスワード
--pipe 名前付きパイプを使用してサーバに接続する (Windows のみ)
--plugin-dir プラグインがインストールされているディレクトリ
--port 接続用の TCP/IP ポート番号
--print-defaults デフォルトオプションの印刷
--protocol 使用するトランスポートプロトコル
--relative --sleep オプションとともに使用された場合、現在値と以前の値の差異を表示
--server-public-key-path RSA 公開鍵を含むファイルへのパス名
--shared-memory-base-name 共有メモリー接続用の共有メモリー名 (Windows のみ)
--show-warnings ステートメント実行後に警告を表示
--shutdown-timeout サーバーのシャットダウンを待機する最大秒数
--silent サイレントモード
--sleep コマンドを反復実行し、その間に delay 秒間スリープ
--socket 使用する Unix ソケットファイルまたは Windows 名前付きパイプ
--ssl-ca 信頼できる SSL 認証局のリストを含むファイル
--ssl-capath 信頼できる SSL 認証局の証明書ファイルを含むディレクトリ
--ssl-cert X.509 証明書を含むファイル
--ssl-cipher 接続の暗号化に許可される暗号
--ssl-crl 証明書失効リストを含むファイル
--ssl-crlpath 証明書失効リストファイルを含むディレクトリ
--ssl-fips-mode クライアント側で FIPS モードを有効にするかどうか
--ssl-key X.509 キーを含むファイル
--ssl-mode サーバーへの接続に必要なセキュリティ状態
--tls-ciphersuites 暗号化された接続に許可される TLSv1.3 暗号スイート 8.0.16
--tls-version 暗号化された接続に許可される TLS プロトコル
--user サーバーへの接続時に使用する MySQL ユーザー名
--verbose 冗長モード
--version バージョン情報を表示して終了
--vertical クエリー出力行を垂直形式で出力 (カラム値ごとに 1 行)
--wait 接続が確立できない場合、中止せずに待機してからリトライ
--zstd-compression-level zstd 圧縮を使用するサーバーへの接続の圧縮レベル 8.0.18

  • --help, -?

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • --bind-address=ip_address

    複数のネットワークインタフェースを持つコンピュータで、このオプションを使用して、MySQL サーバーへの接続に使用するインタフェースを選択します。

  • --character-sets-dir=dir_name

    文字セットがインストールされているディレクトリ。 セクション10.15「文字セットの構成」を参照してください。

  • --compress, -C

    可能であれば、クライアントとサーバーの間で送信されるすべての情報を圧縮します。 セクション4.2.8「接続圧縮制御」を参照してください。

    MySQL 8.0.18 では、このオプションは非推奨です。 MySQL の将来のバージョンで削除されることが予想されます。 レガシー接続圧縮の構成を参照してください。

  • --compression-algorithms=value

    サーバーへの接続に許可される圧縮アルゴリズム。 使用可能なアルゴリズムは、protocol_compression_algorithms システム変数の場合と同じです。 デフォルト値は uncompressed です。

    詳細は、セクション4.2.8「接続圧縮制御」を参照してください。

    このオプションは MySQL 8.0.18 で追加されました。

  • --connect-timeout=value

    接続タイムアウトまでの最大秒数。 デフォルト値は 43200 秒 (12 時間) です。

  • --count=N, -c N

    --sleep オプションが指定されている場合、繰り返し実行されるコマンドの反復実行の数。

  • --debug[=debug_options], -# [debug_options]

    デバッグのログを書き込みます。 一般的な debug_options 文字列は d:t:o,file_name です。 デフォルトは d:t:o,/tmp/mysqladmin.trace です。

    このオプションは、MySQL が WITH_DEBUG を使用して構築された場合にのみ使用できます。 Oracle によって提供される MySQL リリースバイナリは、このオプションを使用して構築されません。

  • --debug-check

    プログラムの終了時に、デバッグ情報を出力します。

    このオプションは、MySQL が WITH_DEBUG を使用して構築された場合にのみ使用できます。 Oracle によって提供される MySQL リリースバイナリは、このオプションを使用して構築されません。

  • --debug-info

    プログラムの終了時に、デバッグ情報とメモリーおよび CPU 使用率の統計を出力します。

    このオプションは、MySQL が WITH_DEBUG を使用して構築された場合にのみ使用できます。 Oracle によって提供される MySQL リリースバイナリは、このオプションを使用して構築されません。

  • --default-auth=plugin

    使用するクライアント側認証プラグインに関するヒント。 セクション6.2.17「プラガブル認証」を参照してください。

  • --default-character-set=charset_name

    charset_name をデフォルト文字セットとして使用します。 セクション10.15「文字セットの構成」を参照してください。

  • --defaults-extra-file=file_name

    このオプションファイルは、グローバルオプションファイルのあとに読み取りますが、(UNIX では) ユーザーオプションファイルの前に読み取るようにしてください。 ファイルが存在しないかアクセスできない場合、エラーが発生します。file_name は、フルパス名でなく相対パス名として指定された場合、現行ディレクトリを基準にして解釈されます。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --defaults-file=file_name

    指定されたオプションファイルのみ使用します。 ファイルが存在しないかアクセスできない場合、エラーが発生します。file_name は、フルパス名でなく相対パス名として指定された場合、現行ディレクトリを基準にして解釈されます。

    例外: --defaults-file でも、クライアントプログラムは .mylogin.cnf を読み取ります。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --defaults-group-suffix=str

    通常のオプショングループだけでなく、通常の名前に str のサフィクスが付いたグループも読み取ります。 たとえば、mysqladmin は通常 [client] グループおよび [mysqladmin] グループを読み取ります。 --defaults-group-suffix=_other オプションを指定した場合、mysqladmin[client_other] グループおよび [mysqladmin_other] グループも読み取ります。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --enable-cleartext-plugin

    mysql_clear_password 平文認証プラグインを有効にします。 (セクション6.4.1.4「クライアント側クリアテキストプラガブル認証」を参照してください。)

  • --force, -f

    drop db_name コマンドの確認を求めません。 複数のコマンドで、エラーが発生しても続けます。

  • --get-server-public-key

    RSA キーペアベースのパスワード交換に必要な公開キーをサーバーにリクエストします。 このオプションは、caching_sha2_password 認証プラグインで認証されるクライアントに適用されます。 そのプラグインの場合、サーバーは要求されないかぎり公開鍵を送信しません。 このオプションは、そのプラグインで認証されないアカウントでは無視されます。 クライアントがセキュアな接続を使用してサーバーに接続する場合と同様に、RSA ベースのパスワード交換を使用しない場合も無視されます。

    --server-public-key-path=file_name が指定され、有効な公開キーファイルが指定されている場合は、--get-server-public-key よりも優先されます。

    caching_sha2_password プラグインの詳細は、セクション6.4.1.2「SHA-2 プラガブル認証のキャッシュ」 を参照してください。

  • --host=host_name, -h host_name

    指定されたホストの MySQL サーバーに接続します。

  • --login-path=name

    .mylogin.cnf ログインパスファイルの指定されたログインパスからオプションを読み取ります。 「ログインパス」は、接続先の MySQL サーバーおよび認証に使用するアカウントを指定するオプションを含むオプショングループです。 ログインパスファイルを作成または変更するには、mysql_config_editor ユーティリティを使用します。 セクション4.6.7「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --no-beep, -b

    サーバーへの接続に失敗するなどのエラーの際にデフォルトで鳴らされる警告音を抑制します。

  • --no-defaults

    オプションファイルを読み取りません。 オプションファイルから不明のオプションを読み取ることが原因でプログラムの起動に失敗する場合、--no-defaults を使用して、オプションを読み取らないようにすることができます。

    例外として、.mylogin.cnf ファイルは、存在する場合はすべての場合に読み取られます。 これにより、--no-defaults が使用された場合でも、コマンド行よりも安全な方法でパスワードを指定できます。(.mylogin.cnfmysql_config_editor ユーティリティーによって作成されます。 セクション4.6.7「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください)。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --password[=password], -p[password]

    サーバーへの接続に使用される MySQL アカウントのパスワード。 パスワード値はオプションです。 指定しない場合、mysqladmin によってプロンプトが表示されます。 指定する場合は、--password= または -p とそれに続くパスワードの間にスペースなしが存在する必要があります。 パスワードオプションを指定しない場合、デフォルトではパスワードは送信されません。

    コマンド行でのパスワード指定は、セキュアでないと考えるべきです。 コマンド行でパスワードを指定しないようにするには、オプションファイルを使用します。 セクション6.1.2.1「パスワードセキュリティーのためのエンドユーザーガイドライン」を参照してください。

    パスワードがなく、mysqladmin でパスワードの入力を求められないように明示的に指定するには、--skip-password オプションを使用します。

  • --pipe, -W

    Windows で、名前付きパイプを使用してサーバーに接続します。 このオプションは、ネームパイプ接続をサポートするために named_pipe システム変数を有効にしてサーバーを起動した場合にのみ適用されます。 また、接続を行うユーザーは、named_pipe_full_access_group システム変数で指定された Windows グループのメンバーである必要があります。

  • --plugin-dir=dir_name

    プラグインを検索するディレクトリ。 このオプションは、--default-auth オプションを使用して認証プラグインを指定しても、mysqladmin がそれを検出しない場合に指定します。 セクション6.2.17「プラガブル認証」を参照してください。

  • --port=port_num, -P port_num

    TCP/IP 接続の場合、使用するポート番号。

  • --print-defaults

    プログラム名と、オプションファイルから受け取るすべてのオプションを出力します。

    このオプションおよびその他のオプションファイルオプションの詳細は、セクション4.2.2.3「オプションファイルの処理に影響するコマンド行オプション」 を参照してください。

  • --protocol={TCP|SOCKET|PIPE|MEMORY}

    サーバーへの接続に使用するトランスポートプロトコル。 これは、他の接続パラメータが通常、必要なプロトコル以外のプロトコルを使用する場合に便利です。 許可される値の詳細は、セクション4.2.7「接続トランスポートプロトコル」を参照してください。

  • --relative, -r

    --sleep オプションとともに使用された場合、現在値と以前の値の差異を表示します。 このオプションは extended-status コマンドとのみ機能します。

  • --server-public-key-path=file_name

    RSA キーペアベースのパスワード交換のためにサーバーが必要とする公開キーのクライアント側コピーを含む、PEM 形式のファイルへのパス名。 このオプションは、sha256_password または caching_sha2_password 認証プラグインで認証されるクライアントに適用されます。 これらのプラグインのいずれかで認証されないアカウントでは、このオプションは無視されます。 クライアントがセキュアな接続を使用してサーバーに接続する場合と同様に、RSA ベースのパスワード交換を使用しない場合も無視されます。

    --server-public-key-path=file_name が指定され、有効な公開キーファイルが指定されている場合は、--get-server-public-key よりも優先されます。

    sha256_password の場合、このオプションは、MySQL が OpenSSL を使用して構築された場合にのみ適用されます。

    sha256_password および caching_sha2_password プラグインの詳細は、セクション6.4.1.3「SHA-256 プラガブル認証」 および セクション6.4.1.2「SHA-2 プラガブル認証のキャッシュ」 を参照してください。

  • --shared-memory-base-name=name

    Windows の場合、共有メモリを使用してローカルサーバに接続するために使用する共有メモリ名。 デフォルト値は MYSQL です。 共有メモリー名では大文字と小文字が区別されます。

    このオプションは、共有メモリー接続をサポートするために shared_memory システム変数を有効にしてサーバーを起動した場合にのみ適用されます。

  • --show-warnings

    サーバーに送信されたステートメントの実行によって発生した警告を表示します。

  • --shutdown-timeout=value

    サーバーのシャットダウンを待機する最大秒数。 デフォルト値は 3600 秒 (1 時間) です。

  • --silent, -s

    サーバーとの接続が確立できない場合、警告なしで終了します。

  • --sleep=delay, -i delay

    コマンドを繰り返し実行し、その間 delay 秒間スリープします。 --count オプションは反復回数を決定します。 --count が指定されていない場合は、mysqladmin は中断されるまでいつまでもコマンドを実行します。

  • --socket=path, -S path

    localhost への接続用に使用する、Unix ソケットファイル、または Windows では使用する名前付きパイプの名前。

    Windows では、このオプションは、名前付きパイプ接続をサポートするために named_pipe システム変数を有効にしてサーバーを起動した場合にのみ適用されます。 また、接続を行うユーザーは、named_pipe_full_access_group システム変数で指定された Windows グループのメンバーである必要があります。

  • --ssl*

    --ssl で始まるオプションは、SSL を使用してサーバーに接続するかどうかを指定し、SSL 鍵および証明書を検索する場所を指定します。 暗号化接続のコマンドオプションを参照してください。

  • --ssl-fips-mode={OFF|ON|STRICT}

    クライアント側で FIPS モードを有効にするかどうかを制御します。 --ssl-fips-mode オプションは、暗号化された接続の確立には使用されず、許可する暗号化操作に影響する点で、他の --ssl-xxx オプションとは異なります。 セクション6.8「FIPS のサポート」を参照してください。

    次の --ssl-fips-mode 値を使用できます:

    • OFF: FIPS モードを無効にします。

    • ON: FIPS モードを有効にします。

    • STRICT: strict FIPS モードを有効にします。

    注記

    OpenSSL FIPS オブジェクトモジュールが使用できない場合、--ssl-fips-mode に許可される値は OFF のみです。 この場合、--ssl-fips-modeON または STRICT に設定すると、クライアントは起動時に警告を生成し、FIPS 以外のモードで動作します。

  • --tls-ciphersuites=ciphersuite_list

    TLSv1.3 を使用する暗号化された接続に許可される暗号スイート。 値は、コロンで区切られた 1 つ以上の暗号スイート名のリストです。 このオプションに指定できる暗号スイートは、MySQL のコンパイルに使用される SSL ライブラリによって異なります。 詳細は、セクション6.3.2「暗号化された接続 TLS プロトコルおよび暗号」を参照してください。

    このオプションは MySQL 8.0.16 で追加されました。

  • --tls-version=protocol_list

    暗号化された接続に許可される TLS プロトコル。 値は、1 つまたは複数のコンマ区切りプロトコル名のリストです。 このオプションに指定できるプロトコルは、MySQL のコンパイルに使用される SSL ライブラリによって異なります。 詳細は、セクション6.3.2「暗号化された接続 TLS プロトコルおよび暗号」を参照してください。

  • --user=user_name, -u user_name

    サーバーへの接続に使用する MySQL アカウントのユーザー名。

  • --verbose, -v

    冗長モード。 プログラムの動作についてより多くの情報を出力します。

  • --version, -V

    バージョン情報を表示して終了します。

  • --vertical, -E

    出力を縦に出力します。 これは --relative と同様ですが、出力を縦に出力します。

  • --wait[=count], -w[count]

    接続が確立できない場合、中止せずに待機してからリトライします。 count 値が指定されている場合、リトライ回数を示します。 デフォルトは 1 回です。

  • --zstd-compression-level=level

    zstd 圧縮アルゴリズムを使用するサーバーへの接続に使用する圧縮レベル。 許可されるレベルは 1 から 22 で、大きい値は圧縮レベルの増加を示します。 デフォルトの zstd 圧縮レベルは 3 です。 圧縮レベルの設定は、zstd 圧縮を使用しない接続には影響しません。

    詳細は、セクション4.2.8「接続圧縮制御」を参照してください。

    このオプションは MySQL 8.0.18 で追加されました。