Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

2.11.10 Windows 上の MySQL をアップグレードする

Windows で MySQL をアップグレードするには、次の 2 つの方法があります:

選択する方法は、既存のインストールの実行方法によって異なります。 先に進む前に、Windows に固有でない MySQL のアップグレードに関する追加情報を セクション2.11「MySQL のアップグレード」 で確認してください。

注記

どちらの方法を選択しても、アップグレードを実行する前に必ず現在の MySQL インストールをバックアップしてください。 セクション7.2「データベースバックアップ方法」を参照してください。

非 GA リリース間 (または非 GA リリースから GA リリースへ) のアップグレードはサポートされていません。 GA 以外のリリースでは大幅な開発変更が行われ、サーバーの起動時に互換性の問題や問題が発生する可能性があります。

注記

MySQL Installer では、コミュニティリリースとコマーシャルリリース間のアップグレードはサポートされていません。 このタイプのアップグレードが必要な場合は、ZIP archive アプローチを使用して実行します。

MySQL Installer を含む MySQL のアップグレード

MySQL Installer を使用したアップグレードの実行は、現在のサーバーインストールが実行され、アップグレードが現在のリリースシリーズ内にある場合に最適な方法です。MySQL Installer では、5.7 から 8.0 へのアップグレードなど、リリースシリーズ間のアップグレードはサポートされておらず、アップグレードを求めるアップグレードインジケータも提供されていません。 リリースシリーズ間のアップグレード手順については、Windows ZIP ディストリビューションを使用した MySQL のアップグレード を参照してください。

MySQL Installer を使用してアップグレードを実行するには:

  1. MySQL Installer を起動します。

  2. ダッシュボードから Catalog をクリックして、カタログへの最新の変更をダウンロードします。 インストールされたサーバーは、ダッシュボードでサーバーのバージョン番号の横に矢印が表示されている場合にのみアップグレードできます。

  3. 「アップグレード」をクリックします。 新しいバージョンを持つすべての製品がリストに表示されます。

    注記

    MySQL Installer では、同じリリースシリーズのマイルストンリリース (事前リリース) のサーバーアップグレードオプションの選択が解除されます。 また、アップグレードがサポートされていないことを示す警告が表示され、続行のリスクが識別され、アップグレードを手動で実行するステップのサマリーが示されます。 サーバーのアップグレードを再選択して、自分のリスクで続行できます。

  4. この時点で他の製品をアップグレードする予定がないかぎり、MySQL サーバー製品以外のすべての製品の選択を解除し、次へをクリックします。

  5. Execute をクリックしてダウンロードを開始します。 ダウンロードが終了したら、次へをクリックしてアップグレード操作を開始します。

    MySQL 8.0.16 以上へのアップグレードでは、システムテーブルのアップグレードチェックおよびプロセスをスキップするオプションが表示される場合があります。 このオプションの詳細は、Important server upgrade conditions を参照してください。

  6. サーバーを構成します。

Windows ZIP ディストリビューションを使用した MySQL のアップグレード

Windows ZIP アーカイブ配布を使用してアップグレードを実行するには:

  1. MySQL の最新の Windows ZIP アーカイブディストリビューションを https://dev.mysql.com/downloads/ からダウンロードします。

  2. サーバーが実行中の場合は停止します。 サーバーをサービスとしてインストールしている場合は、コマンドプロンプトから次のコマンドでサービスを停止します。

    C:\> SC STOP mysqld_service_name

    または、NET STOP mysqld_service_name を使用します。

    MySQL Server をサービスとして実行していない場合は、mysqladmin を使用して停止します。 たとえば、MySQL 5.7 から 8.0 にアップグレードする前に、mysqladmin を MySQL 5.7 から次のように使用します。

    C:\> "C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.7\bin\mysqladmin" -u root shutdown
    注記

    MySQL の root ユーザーアカウントにパスワードが設定されている場合は、mysqladmin-p オプションを使って起動し、要求されたらパスワードを入力します。

  3. ZIP アーカイブを抽出します。 既存の MySQL インストール (通常は C:\mysql にあります) を上書きするか、C:\mysql8 などの別のディレクトリにインストールできます。 既存のインストールの上書きをお勧めしています。

  4. サーバーを再起動します。 たとえば、MySQL をサービスとして実行する場合は SC START mysqld_service_name または NET START mysqld_service_name コマンドを使用し、それ以外の場合は mysqld を直接起動します。

  5. MySQL 8.0.16 より前は、管理者として mysql_upgrade を実行してテーブルを確認し、必要に応じて修復し、権限付与テーブルが変更されている場合は更新して、新しい機能を利用できるようにしてください。 セクション4.4.5「mysql_upgrade — MySQL テーブルのチェックとアップグレード」を参照してください。 MySQL 8.0.16 では、サーバーは以前に mysql_upgrade によって処理されたすべてのタスクを実行するため、このステップは必要ありません。

  6. エラーが発生する場合は セクション2.3.5「Microsoft Windows MySQL Server インストールのトラブルシューティング」 を参照します。