Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  MySQL のインストールとアップグレード  /  インストール後のセットアップとテスト

このページは機械翻訳したものです。

2.10 インストール後のセットアップとテスト

このセクションでは、MySQL のインストール後に実行する必要があるタスクについて説明します:

  • 必要に応じて、データディレクトリを初期化し、MySQL 付与テーブルを作成します。 一部の MySQL インストール方法では、データディレクトリの初期化が自動的に実行される場合があります:

    • MySQL Installer によって実行される Windows インストール操作。

    • Oracle のサーバー RPM または Debian ディストリビューションを使用した Linux へのインストール。

    • Debian Linux、Ubuntu Linux、Gentoo Linux など、多くのプラットフォームでネイティブパッケージングシステムを使用したインストール。

    • DMG ディストリビューションを使用した macOS へのインストール。

    他のプラットフォームおよびインストールタイプの場合は、データディレクトリを手動で初期化する必要があります。 これには、Unix および Unix に似たシステムでの汎用バイナリおよびソースディストリビューションからのインストール、および Windows での ZIP アーカイブパッケージからのインストールが含まれます。 その手順は、セクション2.10.1「データディレクトリの初期化」を参照してください。

  • サーバーを起動し、アクセスできることを確認します。 手順については、セクション2.10.2「サーバーの起動」 および セクション2.10.3「サーバーのテスト」 を参照してください。

  • データディレクトリの初期化中にまだ実行されていない場合は、付与テーブルの初期 root アカウントにパスワードを割り当てます。 パスワードにより、MySQL サーバーへの不正アクセスが防止されます。 その手順は、セクション2.10.4「初期 MySQL アカウントの保護」を参照してください。

  • オプションで、システムの起動および停止時にサーバーが自動的に起動および停止するように配置します。 その手順は、セクション2.10.5「MySQL を自動的に起動および停止する」を参照してください。

  • オプションで、タイムゾーンテーブルに移入して、名前付きタイムゾーンの認識を有効にします。 その手順は、セクション5.1.15「MySQL Server でのタイムゾーンのサポート」を参照してください。

追加のユーザーアカウントを作成する準備ができたら、セクション6.2「アクセス制御とアカウント管理」 で MySQL のアクセス制御システムおよびアカウント管理に関する情報を確認できます。