Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


MySQL 8.0 リファレンスマニュアル  /  MySQL のインストールとアップグレード  /  Unbreakable Linux Network (ULN) を使用した MySQL のインストール

このページは機械翻訳したものです。

2.6 Unbreakable Linux Network (ULN) を使用した MySQL のインストール

セクション2.5「Linux に MySQL をインストールする」で説明するように、Linux は、MySQL をインストールするための何種類かのソリューションをサポートします。 このセクションで説明する方法の 1 つは、Oracle Unbreakable Linux Network (ULN) からのインストールです。 Oracle Linux および ULN の詳細は、http://linux.oracle.com/にあります。

ULN を使用するには、ULN ログインを取得し、ULN でのインストールに使用するマシンを登録する必要があります。 これは、ULN FAQ で詳細に説明しています。 このページでは、パッケージをインストールおよび更新する方法についても説明します。

Community パッケージと Commercial パッケージの両方がサポートされています:

  • コミュニティバージョンには、MySQL 8.0 など、MySQL Server のバージョンごとに 1 つのチャネルがあります。 これらは、すべての ULN ユーザーが使用できます。

  • 商用バージョンでは、3 つのチャネルを利用できます:「MySQL 8.0 Commercial Server」、「MySQL 8.0 Connectors Commercial」および「MySQL 8.0 Tools Commercial」。

    oracle.linux.com で商用 MySQL ULN パッケージにアクセスするには、CSI に MySQL (Enterprise または Standard) の有効な商用ライセンスを提供する必要があります。 この文書では、有効な購入は 60944、60945、64911 および 64912 です。 適切な CSI により、ULN GUI インタフェースで商用 MySQL サブスクリプションチャネルを使用できるようになります。

注記

Oracle Linux 8 は、MySQL 8.0.17 でサポートされています。

ULN を使用して MySQL をインストールしたあと、このセクション、特にセクション2.5.4「Oracle の RPM パッケージを使用した Linux への MySQL のインストール」に、サーバーの起動および停止に関する情報があります。

ULN を使用するようにパッケージソースを変更し、使用している MySQL のビルドを変更しない場合は、データをバックアップし、既存のバイナリを削除して ULN のものに置き換えます。 ビルドの変更が必要な場合は、新しいバイナリの配置後にデータを再構築する必要がある場合に備えて、バックアップをダンプ (mysqldump または mysqlpump、あるいは MySQL Shell backup utility から) にすることをお薦めします。 ULN へのこのシフトがバージョン境界を超えている場合は、先に進む前にこのセクションを参照してください: セクション2.11「MySQL のアップグレード」